【世界的コーヒー産地ベトナム発の『ヨーグルトコーヒー』が話題】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

世界的コーヒー産地ベトナム発の『ヨーグルトコーヒー』が話題

意外な組み合わせだけど、ハマる事間違いなしのおいしさ! ~家庭でも簡単につくれるレシピ付き~【PR】

■世界的コーヒー産地ベトナム発の『ヨーグルトコーヒー』が話題

 苦味の強いコーヒーに練乳やコンデンスミルクを入れて飲むベトナムコーヒー。2層に分かれたおしゃれな見た目がユニークでInstagramでも投稿数が約33,000件と日本でも根強い人気です。

 実は今、進化したベトナムコーヒーが続々と日本に上陸しています。今、話題の兆しをみせているのが「ヨーグルトコーヒー」です。近年ハノイでブレイクし、すでに日本でもメニュー化している飲食店もあります。

 

■コーヒー豆の生産量世界2位。実はベトナムはコーヒー豆の名産地

 意外にもベトナムはブラジルに次ぐ世界第2位のコーヒー豆生産国です。

 日本では「アラビカ種」と呼ばれるコーヒー豆が一般的ですが、ベトナムでは成長が早く、病害に強い上に収穫量が多い事から、「ロブスタ種」と呼ばれるコーヒー豆が栽培されています。

「ロブスタ種」は苦みや酸味、香りが強いためそのまま飲むことに適しておらず、主にインスタントコーヒーや缶コーヒーにブレンドされて使われます。

 

■独自のスタイルを築いたベトナムコーヒー

 ベトナム産のコーヒー豆は、ブラックで飲むには適していないことに加え、フランスの植民地であったことも影響して、独自のスタイルを確立しました。

苦みが強い反面風味が弱いのが特徴のロブスタ種をおいしく飲むために工夫されたのが、コンデンスミルクで甘さとコクをプラスする飲み方でした。

 また、アルミやステンレスの専用容器で淹れるのは、フランス植民地時代の名残と言われています。

 

■ベトナム発のコーヒースタイルが近年世界に拡散中。ついに日本にも上陸

 コンデンスミルクとコーヒーの2層が特徴のベトナムコーヒーは、近年進化をしてベトナムから海外へと進出しています。

 その一つが「エッグコーヒー」。1956年頃からメニュー化しているエッグコーヒー発祥の店は、2号店を2018年に日本でオープン。アジアだけでなく世界中から注目されています。

 そして最新のスタイルは「ヨーグルトコーヒー」です。ヨーグルトとコーヒーの意外な組み合わせですが、飲んでみると驚きのマッチングです。

KEYWORDS:

■フジッコでは早くから「ヨーグルトコーヒー」に着目。飲食店でのメニュー開発も

 

カスピ海ヨーグルトを製造販売するフジッコ株式会社では、ヨーグルトコーヒーブームの兆しに早くから着目していました。ブランド担当の作田氏は「実は、カスピ海ヨーグルトを使ったメニュー開発を飲食店と組んで行っているなかで、このヨーグルトコーヒーというメニューが出てきました。最初は、コーヒーとヨーグルトの組み合わせが全く信じられませんでした」と半信半疑だったと語ります。

しかし、実際に飲んでみて「そのおいしさに驚愕を隠せなかった」と、初めて飲んだ時のことを振り返ります。

ヨーグルトコーヒーは、半分以上がヨーグルトで、コンデンスミルクなどで甘く味付けされています。しかも、フジッコのカスピ海ヨーグルトは、酸味が少なくねばりが強いのが特徴。

メニュー開発を行った、「49 アジアンキッチン」では、「カスピ海ヨーグルトの特徴が、コクと甘味をより引き立ててくれます。酸味が少ないのでとても飲みやすくなりました。ドリンクというより、デザート感覚かもしれません」と語ります。

 

■フジッコが提案。自宅で楽しむヨーグルトコーヒーの黄金比

フジッコ株式会社では、ヨーグルトコーヒーを自宅でも楽しんでもらおうと、だれでも美味しく作れる「カスピ海ヨーグルトコーヒー」レシピを開発しました。

作田氏は「材料は3つだけです。ヨーグルトは、酸味が少なくとろみが強いものを選ぶのが失敗なくおいしくできるポイントです。いろいろ試してみてレシピはこの黄金比に至りました。女性はもちろん、男性スタッフにも好評なのは意外でした。ヨーグルトが苦手な方にもおすすめできます」と語ります。

作田氏は「だまされたと思って、ヨーグルトコーヒーを飲んでみてください。新しいコーヒーとカスピ海ヨーグルトの魅力を発見できます」とおすすめしています。

 

■酸味が少なくコクがあって飲みごたえアリ

カスピ海ヨーグルトで作る「ヨーグルトコーヒー」

材 料:コンデンスミルク40g、カスピ海ヨーグルト100g、アイスコーヒー100g

作り方:コンデンスミルク、カスピ海ヨーグルトの順でグラスに入れ、アイスコーヒーをゆっくり注ぎ入れる。好みで氷を入れる。

コンデンスミルクが全体にいきわたるよう良くかき混ぜて飲む。

※コンデンスミルクはお好みで量を調整してもOKです。

※コンデンスミルクがない場合はガムシロップでも代用可

 

オススメ記事