【ニノ結婚、でよみがえる「ジャニーズの妻」になれなかった女たちの涙と怨念】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

ニノ結婚、でよみがえる「ジャニーズの妻」になれなかった女たちの涙と怨念

自分が死ぬまでは相手の一番の女でいたい

■ニノ結婚、でよみがえる「ジャニーズの妻」になれなかった女たちの涙と怨念

中森明菜

 嵐の二宮和也が、元女子アナと結婚した。相手の女性はSNSでの「匂わせ」行動などにより、ファン全体から歓迎されているとは言い難いが、なんにせよ「ジャニーズの妻」それもあの国民的人気グループのニノと結婚したのだから、たいしたものだ。

 というのも、芸能界にはジャニーズアイドルとの結婚を夢見ながら、果たせなかった女性たちがうようよいる。その怨念を集めて呪ったら、国のひとつくらい滅ぼせるのではないか。なかでも、歴史的に有名なのが中森明菜のケース。89年に近藤真彦の自宅で自殺未遂をしたことで、一大スキャンダルとなった。

 ふたりは6年くらい交際していたものの、山口百恵のような寿引退を目指し、甲斐甲斐しく尽くす明菜がマッチにはしだいに重い存在になっていったようだ。また、マッチの母親がわりでもあったメリー喜多川副社長(当時)がもともと、明菜の人柄や家庭環境をよく思っていなかったともされる。

 この人の亡き夫は上皇陛下のご学友で、嵐が結成されるとき、慶應ボーイで官僚の息子でもある櫻井翔を推したのも彼女だという。前出の二宮がかつて交際を噂された相手についても、長澤まさみはよくて佐々木希はダメ的な価値基準を持っていたらしい(佐々木はデビュー後、元ヤンだったことが取り沙汰された)。

 そんな「母親がわり」が「息子」の家で自殺未遂をするような女を認めるはずがない。半年後の大晦日、明菜は謝罪&復帰報告会見を開き、そこにはマッチも同席した。金屏風まで用意されていたことから、メディアは婚約発表があるのではと考え、明菜自身もそのつもりだったとされる。しかし、マッチは結婚について、

「そういうことはまったくありません」

 と、否定。その後、ふたりは破局し、明菜にはさまざまなトラブルが起きていった。事務所、出版社、マンション、元付き人などとモメたあげく、雑誌「マルコポーロ」のインタビューで自分のことを「騙され裏切られることには慣れっこの私」とまで形容するようになる。そして、こう語ったのだ。

「騙され続けてると、自分の中に人を疑う目を持ってしまうんですよね。それが自分でも一番悲しい、嫌なことなんですけど、なかなか癒えないんです」

 一方、マッチは94年に一般女性と結婚。ただ、長男が生まれたのは13年後のことだった。そのあいだ、子宝に恵まれないのは明菜の恨みのせいなのではと、まことしやかに囁かれたものだ。

KEYWORDS:

『痩せ姫 生きづらさの果てに』

エフ=宝泉薫  (著)

 

女性が「細さ」にこだわる本当の理由とは?

人類の進化のスピードより、ずっと速く進んでしまう時代に命がけで追いすがる「未来のイヴ」たちの記憶

————中野信子(脳科学者・医学博士)推薦

?せることがすべて、そんな生き方もあっていい。居場所なき少数派のためのサンクチュアリがここにある。

健康至上主義的現代の奇書にして、食と性が大混乱をきたした新たな時代のバイブル。

摂食障害。この病気はときに「緩慢なる自殺」だともいわれます。それはたしかに、ひとつの傾向を言い当てているでしょう。食事を制限したり、排出したりして、どんどん?せていく、あるいは、?せすぎで居続けようとする場合はもとより、たとえ?せていなくても、嘔吐や下剤への依存がひどい場合などは、自ら死に近づこうとしているように見えてもおかしくはありません。しかし、こんな見方もできます。

?せ姫は「死なない」ために、病んでいるのではないかと。今すぐにでも死んでしまいたいほど、つらい状況のなかで、なんとか生き延びるために「?せること」を選んでいる、というところもあると思うのです。

(「まえがき」より)

BACK NUMBER もっと見る

もっと見る

宝泉 薫

ほうせん かおる

1964年生まれ。主にテレビ・音楽、ダイエット・メンタルヘルスについて執筆。1995年に『ドキュメント摂食障害―明日の私を見つめて』(時事通信社・加藤秀樹名義)を出版する。2016年には『痩せ姫 生きづらさの果てに』(KKベストセラーズ)が話題に。近刊に『あのアイドルがなぜヌードに』(文春ムック)『平成「一発屋」見聞録』(言視舎)、最新刊に『平成の死 追悼は生きる糧』(KKベストセラーズ)がある。ツイッターは、@fuji507で更新中。 


この著者の記事一覧

RELATED BOOKS -関連書籍-

痩せ姫 生きづらさの果てに
痩せ姫 生きづらさの果てに
  • エフ=宝泉薫
  • 2016.08.26