【寒い季節が到来!“冷え足”問題に新常識が!? 温めがちだが「汗をかかない」がカギ】 | BEST T!MESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

寒い季節が到来!“冷え足”問題に新常識が!? 温めがちだが「汗をかかない」がカギ

その原因は冬でもかく足汗にあった!

■■新常識!“冷え足”の意外な原因は「冬の足汗」

【モニターテストで左右差の汗の量の実感値と冷え足を検証】

 寒い季節、防寒対策をしていても足がやけに冷たい…。靴を脱いだときにつま先がヒヤっと冷たく感じた…。こんな経験はありませんか?

 冷え性にはさまざまな原因が考えられますが、意外な盲点が「冬の汗」。制汗剤「デオナチュレ」など開発・販売を行っている<シービック>が20~40代の都内で働く女性を対象に行った『足汗と“冷え足”に関するモニターテスト』では、制汗剤塗布すると、足の汗の量が減り、靴を脱いだ時のヒヤっと感も少なく、サーモグラフィによって足の汗が少ないほうが足の冷えが防げることが分かりました。

 冷え性は女性に多く、冬の外出時は暖かい衣服を身につける一方、室内は暖房設備が普及し、冬でも汗をかきやすい環境にあります。しかも、働く女性など長時間靴を履き続ける人の場合、靴の中で汗がこもりやすく、結果として、「汗冷え」によるつらい“冷え足”を招いている可能性が高いので冬にも足汗対策が有効です。

 また、スキーやスノーボードなどのブーツは更に密着度が高いので、ウインタースポーツにも足汗対策は有効となります。

【シービック 足汗と“冷え足”に関するモニターテスト概要】

■時期:2019年9月 ■対象:20代~40代の都内で働く女性 10名

■方法:朝に片足に制汗剤を塗布し、勤務後の夜に寒い気候を想定した部屋で、①靴の中の湿度測定 ②足のサーモグラフィ撮影(寒い部屋で10分間過ごす前後の二回)を実施

【冷え性だから汗をかかないは間違い。冬でも足は1日にコップ1杯の汗をかくからケアが必要】

 調査結果からも分かる通り、寒い季節の“冷え足”の原因として、侮れないのが「汗」。汗研究の第一人者である五味クリニック院長の五味常明医師は、「足の裏は、背中や胸の5~10倍もの汗腺があり、1日にコップ約1杯分もの汗をかくといわれています。汗は蒸発する際に、気化熱により体温を下げる機能があるため、汗をそのままにしておくと冷えて暖まりにくくなります」と解説します。

 加えて、冬はブーツや、厚手の靴下+スニーカーなど密閉度の高い靴を履くことも多く、足汗が蒸発しづらいことも注意したい点。「足汗をかく事で、ニオイやムレが気になり、それがストレスとなることで、さらに足の発汗を呼び、結果的に“冷え足”につながる事もあります」と五味医師は語ります。

 冷えは「万病の元」と言われるように、冷えは、免疫力の低下やさまざまな不調にもつながります。寒い季節を元気に乗り切るためにも、足汗ケアが欠かせません。

◆五味常明先生 プロフィール◆

五味クリニック院長。体臭・多汗研究所所長。1949年長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。昭和大学形成外科、多摩病院精神科などを経て、「心療外科」という新しい医学分野を提唱。体臭・多汗治療の現場で実践。TVや雑誌でも活躍中。著書・監修本も多数。

KEYWORDS:

寒い季節の“冷え足”予防に! 「焼ミョウバン」配合の足汗ケアアイテム

「デオナチュレ」(足用)は、天然アルム石に着目した有効成分「焼ミョウバン」配合で汗とニオイを元から断つ直ヌリ制汗デオドラント。お出かけ前の乾いた足に、ムレやすい足指の間と足裏に塗るのがおすすめ。クリームタイプは「しっかり派」に、スティックタイプは「手軽派」に。どちらも直ヌリタイプのため、有効成分が肌にしっかり密着して長時間効果を発揮します。

『“しっかり塗れる”デオナチュレ 足指さらさらクリーム』 医薬部外品 30g/希望小売価格:1,000円(税抜)

『“手軽に塗れる”デオナチュレ ソフトストーン足指』医薬部外品 7g/希望小売価格:850円(税抜)

株式会社シービック お客様相談室 TEL:03-5414-0841(9:00~16:30 土日・祝日を除く)

<デオナチュレ> http://deonatulle.com

 

オススメ記事

五味 常明

ごみつねあき

五味クリニック院長。体臭・多汗研究所所長。1949年長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。昭和大学形成外科、多摩病院精神科などを経て、「心療外科」という新しい医学分野を提唱。体臭・多汗治療の現場で実践。TVや雑誌でも活躍中。著書・監修本も多数。


この著者の記事一覧