◆当局は譲歩した、しかし・・・

 

 香港の林鄭月娥(英語名キャリー・ラム)行政長官は9月4日、逃亡犯条例改正案の完全撤回を表明しました。
 今回の改正案、6月には審議が無期延期となり、実質的につぶれていたものの、とうとう名実ともにつぶれたわけです。
 ブルームバーグの記事いわく。

【(注:長官は)政府の行動について独立調査を行うとも述べ、抗議参加者に対する警察の対応を検証することもあらためて約束した。一方、一部のデモ参加者に対する暴動罪での起訴取り下げなど他の要求は受け入れられないと言明した。】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-04/PXAMYM6K50XY01?utm_medium=social&utm_campaign=socialflow-organic&cmpid%3D=socialflow-twitter-japan&utm_source=twitter&utm_content=japan

 反対運動を展開した側が提示した要求は全部で5つ。
 運動の「女神」として知られる女子学生、周庭(英語名アグネス・チョウ)は、ツイートで内容を以下のようにまとめました。

1)改正案の完全撤回
2)警察と政府の、市民活動を「暴動」とする見解の撤回
3)デモ参加者の逮捕、起訴の中止
4)警察の暴力的制圧の責任追及と外部調査実施
5)林鄭月娥の辞任と民主的選挙の実現
https://twitter.com/chowtingagnes/status/1163252935507058688

 林鄭長官は(1)と(4)を受け入れ、残りを拒否したことになります。
 で、反対運動はどう出たか。

 反体制派のオンラインフォーラムで、抗議行動を組織するのにも使われる「LIHKG」(ツイッターアカウントもあり)では、「5つの要求のうち2つに応じると言う。受け入れられるか?」との書き込みに、15分足らずで415の否定的反応が寄せられました。
 他方、周庭はこうコメント。

【条例の撤回は喜べません。遅すぎました。(中略)私たちは、5つの要求を求めています。これからも戦い続けます。】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d6f90a5e4b09bbc9ef76f6a?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

 

◆暴動化する反対運動

 同じく反体制派のリーダーである黄之鋒(英語名ジョシュア・ウォン)もツイートでいわく。

【世界にたいしても訴えたい。(注:条例改正案を撤回した)この手口に警戒せよ。香港政府、および北京政府に騙されてはいけない。彼らは実際には何も譲歩していないし、全面的な制圧に出ようとしている。】(原文英語、以下同じ。拙訳)
https://twitter.com/joshuawongcf/status/1169167621826048001​

 はたせるかな、事態は沈静化の様子を見せません。
 林鄭長官が撤回を表明したあと、最初の週末となった9月6日(金)の夜から7日(土)の未明にかけては、警官隊とデモ隊が激しく衝突。
 つづく8日(日)にはデモ隊がアメリカ領事館付近を行進、「北京に屈するな。香港を解放せよ」と連呼しながら、アメリカ議会が「香港の人権と民主主義」法案を早期に可決するよう求めました。
 同法案には、香港当局者にたいする制裁も盛り込まれています。

 米中の通商対立が続いているのを思えば、挑発的な行動ではありませんか。
 しかも香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが、時系列で詳細に報じたところによれば、アメリカ領事館前の出来事は、この日に繰り広げられた反対運動のごく一部なのです。

 領事館前の行進は、午後4時29分のこと。
 ところがこのとき、港鉄(香港最大の鉄道路線システム、略称MTR)の中環駅(セントラル・ステーション)周辺にもデモ隊が集結していたんですね。
 中環駅は閉鎖となりますが、5時を過ぎると、棒で窓ガラスを叩き割るなどの破壊行為が生じます。

 こちらのデモ隊は5時47分、中環駅付近の大通り「畢打街」(ペダー・ストリート)にボール紙を並べて火をつけました。
 5時55分になると、中環駅のF出口も放火されます。
 6時を回っても、窓ガラスの破壊は終わりません。

 7時1分には、俳優・歌手として人気の高いスーパースター、郭富城(英語名アーロン・クォック)の運転するランボルギーニが、騒ぎに巻き込まれて動けなくなる一幕も。
 郭富城、困惑した顔でいわく「娘のオムツを買いに行きたいんだ!」。

 MTRは中環駅のほか、さらに二つの駅を閉鎖、騒乱は真夜中まで続いたとのことです。
https://www.scmp.com/news/hong-kong/politics/article/3026215/chaos-breaks-out-again-hong-kong-multiple-clashes-central

 

 

次のページ ◆長官が辞めても反対派は納得しない