■若々しく美しい女子の最大の敵になるものは

 さて前回に引き続き、2大アンチエイジングホルモンの成長ホルモンと睡眠ホルモン・メラトニンのお話です。これらの力を最大化するには、昼間を楽しく幸せに過ごして幸福ホルモンを出し、そして夜にはしっかりとメラトニンを出して質の良い睡眠を得て、毎夜毎夜の体の大修復や抗酸化で、健康、美容、アンチエイジングを加速させましょうとお伝えしてきました。

 しかし、どんな高価な美容液やサプリよりも私たち女子を若々しく美しくするこれらのホルモンも、ストレスには勝てません。ストレスホルモンであるコルチゾールが増えると、メラトニン分泌は抑制され、成長ホルモンも減り、しかも女性ホルモンまで減ります。健康や美容のために取り組むことも大事ですが、それと同じくらいに、ストレス対策は大事です。更年期障害や健康に重要な自律神経が弱くなる最大の原因も、ストレスです。

 ストレスにまつわる私自身の体験談があります。数週間前、私は両足に激痛が起きて3日間も眠れなくなりました。ネットで調べると「繊維筋痛症」という病気に行き当たり、ストレスで脳の「痛み」を司る場所が機能麻痺することで、些細な日常生活でも激痛が出てしまうとのこと。まさにその時の私は強いストレスを受けていました。

 この病名が判明した日はちょうど親友と会う日で、私は彼女の優しい懐の中で、強いストレスがあって辛かったこと、そしてこの3日間の激痛が本当に辛いことを切々と話しました。そしたらなんと、その夜から激痛が消えて眠れるようになったのです。本当に驚きました。「自分のストレスや辛さを分かってもらえた」その安堵感が、眠れないほどの激痛を癒しました。ヒトの体は素直です。

 あらゆる病気や不調、老化はストレスと深く関わっていますが、改めて、ストレスの緩和は本当に大事なことだと身をもって体験しました。頑張るばかりでなく、自分の辛さを分かってあげること、分かってもらうことは、大きな意味と力があります。ぜひあなたも心とストレスを解放してくださいね。

 

 さて今回の「今日からできる小さくても確実なこと」は「耳をほぐす」です。

 今回何度も出てきている自律神経は呼吸と深い関わりがあります。ストレス、猫背、頭の使い過ぎ、運動不足などで呼吸が浅い人が本当に多く、みなさん自律神経を乱しています。深く息を吸わないので横隔膜が動かず、そのため横隔膜が硬くなり更に息を深く吸えず、お陰でまた自律神経を乱すという悪循環が起きています。あなたは深く息を吸えますか?

 ぜひ深呼吸の練習をして、硬くなった横隔膜を柔らかくして欲しいのですが、実は耳をほぐすことでも横隔膜をゆるめることができます。耳は頭蓋骨の中の蝶形骨という骨と繋がっていて、この骨が筋膜を通じて横隔膜と繋がっています。そのため耳をほぐすことで、筋膜を介して横隔膜をゆるめることができるのです。いつでもどこでも耳をほぐしてみてくださいね。それによって横隔膜がゆるんで呼吸が良くなり、自律神経も良くなってきます。

 やり方です。耳をつまんで前後左右上下のあちこちに引っ張ったり、満遍なく耳全体を揉んでほぐしてください。予想外に痛い!という人が多いですが、繰り返しほぐしているうちにその痛みもなくなってきます。自律神経を良くすることは、女子に大敵の冷えや更年期、女性機能を改善させるのでぜひやってくださいね。また耳をほぐすことが無数の耳ツボの刺激になり全身が良くなったり、お顔の血流も良くなって美肌効果もありますよ。

 

 さておき、体と心の健康があっての幸せですよね。ぜひ快適な秋に、体と心のメリハリを作る取り組みをしてみてください。どんどん健康になり、どんどん幸せになり、どんどん綺麗になりましょうね。そして今日も「若々しく、美しく」。