全日本マーチングコンテストの表彰式で、精華には金賞が与えられた。20回目の出場、20回金賞。全日本吹奏楽コンクールと合わせると、3年連続のダブル金賞。

 プレッシャーをはねのけて、伝統をつないだ。

 マーチングコンテストは7人の審査員が評価する。A・B・Cいずれかをつけられ、Aが過半数以上なら金賞、Cが過半数以上なら銅賞、それ以外が銀賞になる。精華は毎年オールAで金賞を獲得していた。だが、2018年度はオールAにはならなかった。

 金賞ではあったが、そのことが部員たちにはショックだった。本当は喜びに湧くはずの大会後のミーティングでは、悲しみで涙する者が少なくなかった。

 福岡に帰り、フユウは小川先生に大会の報告をしにいった。暗い表情のフユウに対し、小川先生はこう言った。

「映像で見たけど、よかったよ。結果に満足しきらんのかもしれんけど、自分たちの演奏・演技には後悔しとらんやろ?」
「はい」
「だったら、私は満足」

 その言葉を聞き、フユウはようやく気持ちが晴れた。自分自身で目標にした「後悔しない」というコトバは達成できた。オールAではなかったけれど、自分たちでは満点の出来だったと思っている。
 ふたつの大きな大会が終わった今、フユウは「後悔しない」というコトバを「後悔してない」にアップデートした。

 

 2019年2月16・17日、精華女子高校吹奏楽部は福岡サンパレスホテル&ホールで定期演奏会を行った。

 ミユ、「ミサト」こと生野みさと、モモコ、フユウら3年生はこの演奏会で引退することとなった。

 福岡大学附属大濠高校に行かれなかったことをずっと引きずり続けていたモモコ。精華に入学するとき、密かに心に決めていたことがある。

「3年後の定期演奏会で引退するとき、絶対に『ここに来て良かった』って思えるようにしよ!」

 山あり谷ありの3年間だった。ぶつかり合ったことも数え切れないほどある。それ以上にみんなで笑い、精華にしかできない音楽を奏でてきた。大阪城ホールでマーチングをするという目標を達成し、櫻内先生と一緒に名古屋でも金賞を獲得した。
 自分たちの代でも、先輩たちと同じくらい大きな「華」を咲かせることができた。

 29人の同期と過ごしてきた日々が、終わる。もう白いブレザーのステージ衣装や青ジャージに袖を通すこともない。今からでも時間を3年前に巻き戻したい、とモモコは思った。巻き戻したら、そのときはやっぱり精華を選びたい。この29人と、後輩たちを含めた150人と、もう一度吹奏楽をやりたい。

 もう後ろめたさもなく、心から思える。

「ここに来て良かった!」

 演奏会が終わり、ステージの上で眩しいライトを浴びる部員たちに満員の客席から惜しみない拍手が送られた。そして、笑顔、涙とともにモモコたち3年生の青春に、幕が下ろされた―