全国大会に挑む精華に、もうひとつショックなことが起こった。マーチングを指導してくれている顧問の小川先生が、妊娠により途中から指導できなくなってしまったのだ。大阪にも同行しない。

 小川先生がいなくなったことで、練習メニューを決めたり、演奏・演技のチェックをしたりするのも、部員だけでやらなければいけない。今までにない経験だった。全体で演奏・演技するときには、誰かが抜けてチェックに回らなければならなかった。小川先生がいないことで求心力が低下し、行進の隊列がバラバラになったこともあった。

 しかも、トランペットパート内の対立は収まっていない。

「それでも、絶対に後悔はしたくない。小川先生なら何て言うかを考えて、やれるだけ詰めていこ」

 フユウは自分にそう言い聞かせ、積極的にメンバーに声をかけてテンションを高めるようにした。そのプレッシャーから、フユウ自身が苛立ってしまうこともあった。

「木部、あんた人を殺しそうな目をしとるよ」

 小川先生に練習の報告をしにいったとき、そう言われた。フユウは自分がそれほどに追い込まれていたことに気づいた。

「マーチングリーダーがそんな状態じゃいけん」

 フユウは気持ちを切り替えようとした。

 いよいよ全国大会。精華は大阪に乗り込んだが、まだトランペットパートのメンバーは険悪なムードを引きずったままだった。その渦中にいるミユは思った。

「どうしよう……。このままやったら大阪城ホールには出れん…。やっぱ自分から仲直りせな」

 ミユは勇気を出して付箋にメッセージを書いた。

『今までごめんね。全国大会は一緒に頑張ろう』

 マーチングコンテストでも重要な役割を果たした運営部長の「モモコ」こと橋村桃子。

 それをお菓子に貼り、仲違いしていた相手に手渡した。おそらく、相手も同じことを思っていたのだろう。メッセージがきっかけとなり、以前のようにお互い普通に接することができるようになった。

 

 11月18日、精華は全日本マーチングコンテストの本番に挑んだ。

「精華ー!」
「ファイヤー!」

 飾り気のない青ジャージに身を包んだ精華のメンバーは元気よく声を上げ、大阪城ホールのフロアに飛び出していった。
 緊張感はなかった。モモコのスネア、ミユのトランペットのソロで《イングランド・マジェスティ》が始まる。華々しい精華サウンドが弾ける。他のどのバンドにも負けない整った行進。巧みにフォーメーションを変えて視覚的に観客を驚かせ、楽しませる。

「福岡にいる小川先生にこのショーを届けよう!」

 フユウはテナーサックスを吹き鳴らした。途中、ホルストの《木星》を演奏しながらマークタイム(足踏み)をしていると、自然に涙がこぼれてきた。演奏しながら泣いたのは、生まれて初めてだった。
 ミユのピッコロトランペットに持ち替えてのソロも見事に決まり、全員が正面席に向けて揃って前進するカンパニーフロントでは盛大な拍手が巻き起こった。

 81人は精華にしかできないショーを披露し、喝采を浴びたのだった。

次のページ 拍手が送られた。そして、笑顔、涙。