九州大会から約2カ月後、精華女子高校吹奏楽部のコンクールメンバーは全日本吹奏楽コンクールが開催される名古屋にいた。

 九州大会という狭き門をくぐり抜けた55人には、もはやプレッシャーはなかった。全国大会には、「その先」がない。ひたすら自分たちが追求してきた「真価」を見せつければいい。

 本番前の最後のリハーサルで、不意に顧問の櫻内先生がこんなことを口にした。

「3年生は全国大会に行かれなかった次の年に、そんな精華を選んで入ってくれた。本当に精華を好きな人が集まってくれて、人数が少ない中、今までよく頑張ってくれたね」

 その言葉に、部員たちは号泣した。先生がずっと心に秘めていた思いを知り、自分たちも感情があふれた。

 さらに結束を高めた精華は、全国大会の会場である名古屋国際会議場センチュリーホールのステージに立ち、目の覚めるような演奏を披露した。「真価」を追求したことで「進化」し、藤重先生が築き上げた黄金時代の精華とはひと味違う新しい精華、「新華」を咲かせた。

 新年度が始まるときに立てたスローガンを達成した瞬間だった。

 

 審査結果は、金賞。全国の頂点を極めた。

 

 精華にとって、吹奏楽コンクールと同じくらい重要なイベントがマーチングコンテストだ(九州ではパレードコンテスト、通称「パレコン」とも呼ばれる)。フロアを行進し、巧みにフォーメーションを変えながら演奏をするマーチングは、目と耳で楽しめる「ショー」だ。精華は2017年まで全日本マーチングコンテストに19回出場し、なんとすべて金賞を受賞していた。

 マーチングコンテストに出場できるのは、ドラムメジャー(マーチングの指揮者)を含

めて81人。2018年度、それをまとめるマーチングリーダーに選ばれたのが、テナーサックス担当の「フユウ」こと木部冬羽だ。

マーチングリーダー・テナーサックス担当の「フユウ」こと木部冬羽さん。

 フユウは中学時代に吹奏楽をやっていたものの、高校で精華に行くつもりはなかった。だが、進路を確定する段階になって「やっぱり高校でも楽器を続けたい。どうせやるんやったら全国目指そ!」と精華への進学を決めた。高校2年からはマーチングの中心となり、3年でリーダーになった。「全国大会に出て金賞をとる」のが当たり前になっている精華で、そのプレッシャーを誰よりも引き受けなければならない立場だった。

 フユウは自分の中で「後悔しない」というコトバを目標にした。結果も欲しいが、何よりも自分を含めたみんなが後悔しないショーにしたい―そうフユウは思った。

 もうひとり、マーチングに強い思い入れのある部員がいた。運営部長のモモコである。福岡大学附属大濠高校に行かれなかったモモコは、小学校のときに立った大阪城ホールでもう一度マーチングをするために精華にやってきた。

「もし大濠に行ってたら……」

 精華で活動しながら、モモコはことあるごとにそう考えてしまっていた。全日本マーチングコンテストには前年、2年生で初めて出場したが、やはり高校最後の年に大阪城ホールで演奏・演技をし、自分が抱え続けてきた後ろめたさを払拭したかった。

 福岡県大会前、マーチング用の楽譜が配られた。人気作曲家の樽屋雅徳がイギリスの作曲家の名曲をアレンジした《イングランド・マジェスティ》。冒頭はスネアとトランペットのソロから始まる。トランペットはミユ、スネアを担当するのはモモコだった。

「日本中から注目されている精華のショーが、自分のスネアで始まるんや……」

 嬉しくもあったが、不安と焦りを感じずにはいられなかった。

「でも、絶対に悔いを残さんようにしよう」

 モモコも、フユウと同じ気持ちだった。

 

つづきは近日配信予定。