■お尻を触ると冷たい女子は、子宮も冷たい女子

 さて今回の「今日からできる小さくても大事なこと」は、「お尻を柔らかくする」です。お尻をさわると冷たい女性が大勢います。よく考えてみてくださいね、「お尻が冷たい=お尻の血流が悪い=骨盤が冷えている=子宮や卵巣が冷えている」です。

 これでは生理痛は起こるし、女性機能は落ちて老化も進んでいます。またお尻周辺の脂肪は落ちにくく、つきやすいですよね。それも冷えているためです。更には、腰痛がある人は100%お尻がカチカチです。硬いお尻をほぐすだけで腰痛が解消する人が本当に大勢います。腰痛持ちだった私の生徒さんたちもほぼ全員が腰痛とサヨナラしていて、その基本となるエクササイズがお尻をほぐすことです。女性機能UP、生理痛、腰痛の改善、お尻の脂肪燃焼と、良いことしかないのでぜひやってみてください。

 テニスボールを2つ用意してください。仰向けに寝て両ひざを立て、左右のお尻のほっぺの下にテニスボールを1つずつ置き、腰を左右に振ってお尻の下でボールを転がします。コツはひざをパタンパタンと倒すのではなく、腰を左右に動かすこと。またテニスボールの位置を少しずつズラして、自分にとってのココ! というイタ気持ちいい場所を見つけてほぐしてみてください。特にやや外側の上の方にココ!と効く、たまらないポイントがある人が多いです。また腰痛や冷えが強い人は、最初は痛くてボールに乗れないかもしれません。その時はまずはボール1つから、少しずつほぐしていってくださいね。

 

 ともあれ、まだまだ暑い夏が続きます。熱中症、水分代謝、良い睡眠対策などをしながら、どうぞ心も体も健やかにお過ごしください。楽しんで幸福ホルモンもたくさん出し、良く寝てくださいね。睡眠不足は美女を美女たらしめる女性ホルモン・エストロゲン分泌も減りますよ。あなたの夏が楽しく幸せで美女化もしてしまう、そんな最高の夏になりますように。そして今日も「若々しく美しく」。