|#01 『窓の外から見つめるモノ

 

 夏ですね! もうどこかに旅行されましたか?

 筆者も3カ所ほど旅の計画を立てましたが、結局は人がいなくなった東京を楽しむことになりそうです。

 それはともかく、旅の楽しみの一つがホテルライフですね。各種設備が整った豪華リゾートホテルとなればなおさらです。

 ただし、気をつけてください。素晴らしいところほど、強い思いが残されがちです。それがただの楽しい思い出なら問題はないのですが……

 

 グループでの旅行だと部屋飲みが盛り上がりすぎて隣室から苦情が、という失敗を犯しがちです。注意しに来るのがボーイさんならいいのですが、頬に傷がある強面のおじさんだとただ事ではすまなくなる危険性があります。まして、この世ならざるモノとなると、命に関わることになります。

 某私立大学のとある文化系サークルの夏休み合宿も、大騒ぎになってしまったそうです。サークルのリーダーの部屋に集まって、最初はトランプなどをやっていたらしいのですが、酒が回るにつれて隠し芸大会みたいになってしまい、最後は全員でアニソンの合唱をしていたそうですが……

 バンバンバン、と海に面した窓が荒々しく叩かれ、一同はぎくっとして窓を見ました。

 すでに外はまっ暗で星も見えなかったのですが、その黒々とした窓のまん中に、赤いアロハシャツを着た小太りの中年男が貼りついていたのです。男は窓を叩きながら何か叫んでいるようなのですが、サッシなので聞こえません。

「あ、すみません。うるさかったですか?」

 リーダーはそう言って、窓に向かって頭を2、3度下げてみせました。そして、窓を開けて謝罪しようとするのを、横にいた同学年の女子が止めました。

「ここ13階だよ。窓の外に立てるはずないよ……」

 しかし、リーダーはまだピンときていないようでした。

「え? ベランダに立っているんじゃないの?」

「ベランダなんかない。昼間見なかったの?」

「え? じゃあ、あれは――」

 ようやく彼が事態を理解し始めた時、1年生の女子が叫び声をあげました。

「あ、あの男、下半身がない……」

 その瞬間、部屋の明かりが消えました。
 一同は悲鳴をあげて部屋を飛び出し、その夜は山側の部屋に集まって朝まで過ごしました。

 朝になってみると、一同はお化けに怯えて騒いだことが恥ずかしく思えてきました。酔っぱらって幻を見たのではないかと考えたのです。下半身がないと叫んだ子も、はっきり見たわけじゃないと白状しました。

 じゃあ、確かめに行こうということになり、一同は寄りそうようにして、その部屋に戻りました。

 部屋はコップや紙皿、酒瓶、スナック類が散乱してひどい有様でしたが、そのほかにはとくに変わった様子はありませんでした。男が貼りついていた窓にも、なんの跡も残っていません。

「やっぱり幻だったんだ」

「誰かの影が映ったんじゃない?」

「そうだよ、そうに違いない」

「あの男、デブだったから、**が映ったんだ」

「なんでだよ」

 ほっとしたのか、皆は口々に冗談を言い合いました。

 そのうち、1人が何気なくバスルームの戸を開けました。そして、その場に腰を抜かしました。

 バスルームの鏡の中に、あの男の姿があったのです。