「民主党時代に戻るのか」というテンプレート |BEST TiMES(ベストタイムズ)

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

「民主党時代に戻るのか」というテンプレート

選挙直前!【日本共産党政権奪取の条件】このままでいいのか、今の日本。参院前に保守主義者・作家 適菜 収が語る!

 

■「民主党時代に戻るのか」というテンプレート

 平成の三〇年間を吹き荒れた構造改革の嵐は、細川政権(実態は小沢政権)、橋本政権、小泉政権、民主党政権を経由して、ついには戦後の政治腐敗の総決算ともいえる安倍政権を生み出した。

 守旧派、抵抗勢力、伏魔殿、「こんな人たち」といった「敵」をでっちあげ、大衆のルサンチマン(恨みつらみ)、嫉妬心、復讐心に火をつけて煽りたてることで、「風に乗って」きた人たちがいる。

 一方、大衆は三度の飯より「改革」が好きである。彼らは善悪二元論的な紙芝居に熱狂し、社会を破壊し、自分たちの足場まで解体した。そしてついには、デフレ下の消費税増税を唱える勢力を支持するという倒錯にまで行き着いた。これが日本経済を破壊するのは火を見るより明らかであるにもかかわらず。

 スペインの哲学者ホセ・オルテガ・イ・ガセットは言った。
「飢饉が原因の暴動では、一般大衆はパンを求めるのが普通だが、なんとそのためにパン屋を破壊するというのが彼らの普通のやり方なのである。この例は、今日の大衆が、彼らをはぐくんでくれる文明に対してとる、いっそう広範で複雑な態度の象徴的な例といえよう」

 安倍とその周辺の勢力の手法はシンプルである。

  異なる意見をもつ人を議論により説得するのは面倒なので、プロパガンダとマーケティングにより社会に一定数存在するバカを誘導する。数の論理で政策を押したほうが手っ取り早いというニヒリズムだ。人間の心の闇、脆弱な部分を狙い撃ちにしたテクノロジーが発達すれば、連中は算盤をはじきながらそれを利用する。

 結局、良心を持たない人間が勝つのが今の世の中だ。

 プロパガンダの最終目標は、対象となる人物が、自分の意志で意見を選択したかのように思わせることだ。単に情報を押し付けるのではなく、たとえば「民主党時代に戻るのか」「安倍さんを批判するのはサヨク」といったテンプレートを拡散し、社会の気分を醸成していく。

 結果、政権の中枢はグローバリストと政商、カルト勢力に乗っ取られてしまった。

 でも、愚痴をこぼしていても仕方がない。今やるべきことは、日本人が日本のために立ち上がることである。安倍政権下でなにが発生していたのかを直視し、法的も道義的にも責任の所在を明らかにし、真っ当な、そして落ち着いた保守政治を再建する必要がある。

KEYWORDS:

『日本共産党 政権奪取の条件』
適菜 収、清水 忠史

 

日本共産党とは相いれない部分も多い。
私は、共産主義も新自由主義と同様、近代が生み出した病の一環であると考えているからだ。
日本共産党が政権を取る日は来るのか?
本書で述べるようにいくつかの条件をクリアしない限り、国民の信頼を集めるのは難しいと思う。
そこで、私の失礼な質問にも、やさしく、面白く、かつ的確に応えてくれる
衆議院議員で日本共産党大阪府委員会副委員長の清水忠史さんと
わが国の現状とその打開策について語った。
――――保守主義者・作家 適菜 収

 

作家・適菜収氏との対談は刺激的であった。
保守的な論壇人としてのイメージが強く、共産主義に対して辛辣な意見を包み隠さず発信してきた方だけに、本当に対談が成り立つのだろうか、ともすればお互いの主張のみをぶつけ合うだけのすれ違いの議論に終始してしまうのではないかと身構えたのだが、それは杞憂に終わった。
――――共産主義者・衆議院議員 清水忠史

オススメ記事

適菜 収

てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』、『小林秀雄の警告 近代はなぜ暴走したのか?」(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『遅読術』、『安倍でもわかる政治思想入門』、清水忠史との共著『日本共産党政権奪取の条件』(KKベストセラーズ)など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。https://foomii.com/00171


この著者の記事一覧