生きづらさから抜け出すヒントを見つけた世界一周ブロガー・坂田ミギーが伝えたいこと。 | BEST TiMESコラム

BEST TiMES(ベストタイムズ) | KKベストセラーズ

生きづらさから抜け出すヒントを見つけた世界一周ブロガー・坂田ミギーが伝えたいこと。

彼女が見つけた幸せに生きるための「気づき」とは。

「がんばったら幸せになれる」と信じて努力し続けてきましたが、どうやらがんばる方向がちがったようです。

 旅に出る前、わたしは社畜だった。

 朝から深夜まで働き、寝て起きてシャワー浴びたら、また仕事。

 裁量労働制という名の、残業代の出ない定額働かせ放題システム。定額で使い放題なのは、データ通信量だけにしていただきたい。

 とはいえ、がんばっていればチャンスはもらえるし、貧乏性なうえ使う暇がないので、勝手に多少の貯金はできた。

 過労気味でも、一生懸命に働き続けることが正しい道だと信じていた。仕事で成功すれば幸せになれる教の信者だったので、それはもう必死に働いて。だって、幸せになりたいじゃない? 幸せなんて、どんなもんか知らんけど。

 小さな広告制作会社から、憧れのクリエティブエージェンシーに入れてもらえ、著名なクリエイターと働かせてもらい、賞を獲らせてもらっては、少し出世して、大きな案件を担当させてもらって。
 次の目標、またその次の目標と走り続けてきたのに、何年走っても、どんなにがんばっても、日払いの達成感はあれど、幸福感はなかった。

 成功しない努力は、まだ努力とはいえない。

 先人たちのそんな言葉に脅迫されて、さらに働いた。
 そうして数年が経ち、増える一方の仕事に埋もれていた、ある日。

 オフィスに3日連続お泊まり中だった、自分の異変に気がつく。うれしくも悲しくもないのに、涙が止まらない。視界が滲んで、エクセルが読めない、使えない。エクセルのせいかと思ったが、フォトショップでも、ワードでも、結果は同じだった。

 それから、さらに数日後。
 変なものを食べたわけでもないのに、吐き気がした。
 トイレで吐いてびっくり。便器が真っ赤。

「なんじゃこりゃぁぁああ」と、松田優作氏の名セリフが思わず口から出てしまう。わずかにボケられる余力はあれど、これはもう、いよいよマズい。ここまでやってきてたどり着いたのが、幸せどころか、吐血。ドラマか漫画でしか見たことない風景が、現実に、しかも自分に起きている。

 このとき、ようやく気がついた。

 がんばって働いたら幸せになれるとか、嘘。少なくとも、わたしにとっては。

「このまま自分の価値観が変わらなければ、いつまでたっても幸せは感じられないのでは?」という考えに至り、「だったら、もっといろんな価値観の人々に出会って、見たことのないものを見て、感じたことのない感情に身を晒してみよう」と世界一周の旅に出ることにしました。

 見たことないものを見て、したことないことをしてみよう。知らない感情で自分をいっぱいにしてみよう。まったくちがう価値観で暮らしている人々に会えば、その空気に身を晒せば、この生きづらさの原因がわかるかもしれない。

 世界のどこかに、きっと答えがあるはずだ。

 旅の初日、中国の北京で、ブログ「世界を旅するラブレター」を立ち上げました。

 最初は友人だけしか読んでいないブログだったのですが、地道に更新していったところ、次第にたくさんの読者さんが来てくださるようになり……世界一周ブログランキングでも、上位にランクインするようになりました。

 

 自分が旅して出会った『気づき』をシェアすれば、それは誰かの『気づき』になれるかもしれない。

 誰かの背中を押したり、新しいことをはじめるきっかけになれるかもれない。

 そのことを教えてくれたのは、読者のみなさんでした。

 ありがたいことに、紙の本にしてお届けできる機会をもらいましたので、ぜひ多くの方に読んでいただきたい。そして、本のなかから、それを読むあなたのなかから、『気づき』や、新しいきっかけを見つけてもらえたらと願っています。

 旅に興味がない方にも振り向いてもらえるような、旅に出たい方の背中をそっと押せるような、そして旅に出られない方とは、この本で一緒に旅ができるような、そんな本です。

 旅の内容を少しご紹介します。

 

●ギリシャのヌーディスト・アイランドで、全裸のテント暮らし。
●禁断の王国と呼ばれるムスタン王国で、本物の王子さまに謁見。
●ケニアのスラム街で、地元アーティスト集団と連日、密造酒を飲みまくり。
●ナミビアの先住民と交流するために、半裸でコスプレしたら、このあとゴミ袋に入るはめに。
●南アフリカの奇祭「アフリカバーン」で、人生に開眼。
●ペルーのアマゾンで、強力な幻覚剤アヤワスカを飲んでシャーマンの儀式に挑んでみたり。
…etc

 こんなハチャメチャな旅の話、なかなか無いぞ!

 縁あってこの本をお手にとってくださったあなたに、よき読書の旅路を贈れることを願って。

KEYWORDS:

『旅がなければ死んでいた』
著者:坂田 ミギー

 

Amazonで購入

失恋と過労で、心身ともに瀕死……命からがら出発した、アラサー・独身・彼氏なしの世界一周ひとり旅。行き詰まり・生きづらさを感じているすべての人を、打開と気づきの旅路へと連れていく奇跡の旅行記。
 やりがいのある仕事、好きなものに囲まれた暮らし。不満はないのに不安になるのは、生きにくさを感じるのはなぜなのか。過労で吐血し、心を病み、恋人にフラれる。
 どんなに努力しても幸せになれないことに疑問をもち、逃げるように日本を飛び出した。
「自分と違う価値観で生きるひと」に出会う世界一周の旅で、彼女が見つけた幸せに生きるための「気づき」とは。

 モンゴルでは乗馬を習い、トナカイ遊牧民を探しに山を越え、谷を越え、尻が割れ。
 ギリシャのヌーディスト・アイランドで、全裸のテント暮らし。
 禁断の王国と呼ばれるムスタン王国で、本物の王子さまに謁見。
 チベットの聖地カイラス山で、天空の曼荼羅に出会う。
 ケニアのスラム街で、地元アーティスト集団と密造酒を飲みまくる日々。
 ナミビアの先住民と交流するために、半裸でコスプレした結果、ゴミ袋に入れられて。
 ブラジルのUFOが飛来するスピリチュアルな街でもハプニングに巻き込まれる。
 ペルーのアマゾンで、強力な幻覚剤を飲んでシャーマンの儀式に挑む。
 アメリカではおっぱい丸出しで自転車に乗り、数千人の全裸集団と街中をパレード。

そして世界一周の最後の街・ロサンゼルス。誰もが予期しなかった旅の結末が訪れる。

 

【トークイベント】

吉田悠軌×早川千晶×坂田ミギー
「世界のキテレツ・スポットで大騒ぎ」

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/119607

OPEN 12:00 / START 13:00

 

前売¥2,000 / 当日¥2,500 (ともに税込・飲食代別・要1オーダー500円以上)
※前売券はイープラスにて「5/25(土)午前10時」発売開始!

オススメ記事

坂田 ミギー

さかた みぎー

旅マニア / エッセイスト / 株式会社こたつ 共同CEO クリエイティブディレクター

福岡県出身。大学時代からバックパッカー。広告制作会社、博報堂ケトルを経て、現職。年間旅行日数100日以上の旅マニア。20代でうつ病を患い、プチひきこもりになるも、回復期にインドを旅したらどうでもよくなり寛解。がんばったら幸せになれると信じて日々を生きるも、過労と失恋で「このままじゃ死ぬ」と気づき、命からがら世界一周へ。旅を機に立ち上げたブログ「世界を旅するラブレター」は、世界一周ブログランキング上位常連の人気ブログに。

現在はキャンピングカーをモバイルオフィス&家として、日本各地を旅しながら働く毎日。

広告での受賞歴にCannes Lions(フランス)、New York Festivals International Advertising Awards(アメリカ)、Spikes Asia(シンガポール)、Ad Fest(タイ)、モバイル広告大賞、広告電通賞などがある。http://cotatsu.co.jp/ https://tabimania.jp/


この著者の記事一覧