■いわさきちひろのファンだった

 

 松本は藤田との思い出、エピソードを次のように話す。

「藤田とはある時期から家族ぐるみの付き合いになったのですが、それは藤田の妻・悦子さんが、私の妻・ちひろの絵のファンであることが大きかったと思います。あいつ、田はねぇ、僕の女房のちひろに、『お妾にしてもいいぞ!』なんて、冗談を平気で言うんだ。それがみんの前であけっぴろげに、明るく言うので暗くならないんだ。とにかく特色のある男だったね」

 松本がこう続ける。

「藤田の最大の武器は英会話力だった。英語を母国語とするネイティブと対等に渡り合った。アメリカ人が藤田の英語力に舌を巻いていたことがあった。藤田というのは決して秀才ではないんだけれど、頭の非常にいい人なんだ。学校の成績なんかより、現実・現場・現物で能力を発揮するタイプなんだろうねぇ。とにかく勘が抜群に良くて、ケチケチした商売ではなく、儲ける時は桁違いに大きい。そういう勝負師のようなところを、藤田には感じたね」

 松本がさらに続ける。

次のページ 松本善明氏が驚いた、お金への意識