NOロジック思考

NOロジック思考
著者:木村尚義
amazon 7net 紀伊国屋書店 楽天ブックス TSUTAYA e-hon honto HonyaClub ブックサービス
定価:(税8%) 1512円
判型 : 単行本
刊行年 : 2019.02.01
ISBNコード : 978-4584138939
内容紹介

常識にとらわれず、自由な発想を可能にする考え方で、発想のワクを広げるべきだ。
日本を騒がせたあんな事件やこんな問題をラテラルシンキングを使って考え、
「こうすれば避けられたはず」という“答え”を導き出す。


【目次】
はじめに

第1章 日本を騒がせたあの“事件”。ラテラルシンキングで考えれば起こらなかった!?
第2章 ロジカルシンキングとラテラルシンキングの違い
第3章 ラテラルシンキングの効果、事例
第4章 ラテラルシンキングの思考方法
第5章 ラテラルシンキングを鍛える練習問題
おわりに

論理的な思考の限界を突破するには「ラテラルシンキング」が有効だ。ラテラルシンキングとは次の3つの方法で行う。(1)常識や前提を常に疑う―そのやり方は正しいのか?今はそうだとしても将来もそうなのか。(2)本質は何か抽象化する―それは、何をするものなのか。そもそもどうなっていればいいのか。(3)セレンディピティ―偶然を無視せずチャンスをものにできないか。道ばたの石ころすらも活かせないか。本書ではこれを具体例とともに、詳しく紹介していく。

著者プロフィール

ラテラルシンキング、水平思考の専門家。”日本一ラテラルシンキング(水平思考)”関連書を執筆している著者。普通のトランプを使い遊ぶだけで頭がよくなる強制発想ゲーム「フラッシュ@ブレイン(R)」の考案者。発想を活性化するワークショップ(演習中心のセミナー)を全国で実施。株式会社創客営業研究所( http://www.soeiken.net/about.html )代表取締役、六本木ライブラリー、メンバーズコミュニティ個人事業研究会会長。大型コンピュータのSEを経てOA機器販売会社へ。売上げ不振パソコンショップのテコ入れを命じられ、たった一人で東北に赴任、秋田店の運営を任される。逆転の発想を駆使して初年度で5倍の売上げを達成。

PAGE TOP