もう、きみには頼まない

もう、きみには頼まない
著者:適菜 収
amazon 7net 紀伊国屋書店 楽天ブックス TSUTAYA e-hon honto HonyaClub ブックサービス
定価:(税8%) 1404円
判型 : 四六並製
刊行年 : 2018.10.31
ISBNコード : 978-4584138915
内容紹介

 森友問題をスクープし、安倍政権を揺るがすきっかけをつくり、また『日本会議の研究』でベストセラーを出した希代のジャーナリスト菅野完氏と適菜収氏との緊急初対談を所収。 「安倍化する日本、橋下化する社会」とは何か? 噓、虚偽にまみれ、歴史や伝統を踏みにじり、弱者を切り捨て、強者ばかりが得する新自由主義的な国家や社会の在り方に鋭く疑義を呈し、舌鋒鋭く立ち向かう作家適菜収氏の集大成。

 さらにそんな国家や社会や人までも信用できなくなった時代に、どんな価値基準をもって堂々と生きるべきかを説いた、現代日本の病を克服する処方箋に満ちた書。

第一章 『新潮45』廃刊をめぐる考察
第二章 菅野 完×適菜 収 緊急対談 安倍化する日本、橋下化する社会
第三章 没落する時代に読むべき本
第四章 もう、きみには頼まない
第五章 粗にして野だが卑でしかない

著者プロフィール

1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC層の研究』(講談社)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『死ぬ前に後悔しない読書術』、『安倍でもわかる政治思想入門』など著書多数。『安倍でもわかる』シリーズの第2弾『安倍でもわかる保守思想入門』(以上、KKベストセラーズ)が3月25日に発売!

書籍関連記事

PAGE TOP