logo TOPページへ
i-modeサイト
検索 カートを見る ご利用方法
カートを見る ご利用方法
雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
Magazines 競馬最強の法則最新号へ

今、競馬が面白い!
【最新】
馬券術・情報マガジン
2017年11月号
雑誌表紙
毎月13日発売
定価980円
雑誌コード:03559-11
年間購読申し込み
amazonで購入する
→バックナンバーへ

→競馬関連書籍へ
見開き1
見開き2
見開き3

驚愕!
WIN5 2本的中!!で3億円獲った!!!
夢を掴んだ男馬券術

ディープインパクト全7冠の
特製QUOカード等がもらえる!
最強の予想大会BTS CUP開催中→



●巻頭スクープ撮!WIN5 億超え2本的中!!
これが3億円手に入れた証拠写真だ!
WIN5が導入されて6年半。
これまでに合計25本の“億馬券”が飛び出した。
しかし、競馬ファンの夢である“億”を手にした者は、ほんの一握り、いや“ひとつまみ”しか存在しない。
また的中者がマスコミに姿を表すこともほとんどない。
だが、今回編集部ではトンでもない人物との接触に成功した!
なんと、1億超えのWIN5を2本も獲った男である。
究極の夢を二度も叶えた“億千万男”とは一体何者なのか!?


●快投快打!予想陣【勝利の方程式】
最強オーダーで5連勝をキメる!!
いよいよ開幕した秋のGIシーズン。
秋華賞からホープフルSまでは、JBC競走3レースも含め、12週連続でGIが開催される。
そこで本号では、この1カ月間に行なわれる秋華賞からエリザベス女王杯+JBC3競走を完全網羅。
5週間連続で的中を掴むべく、最強予想陣で『勝利の方程式』を確立した。
なかでも最大の盛り上がりを見せそうな天皇賞は、岡村信将、日夏ユタカ、出川塁が各々の得意分野を徹底分析。
レースの正体を見破り、勝ち馬を炙り出す!


●読者発!日刊コンピ指数より凄い!?
日刊スポーツ【人気度チェック】馬券術
本誌読者に「日刊スポーツといえば?」と聞くと、十中八九、「日刊コンピ指数」と返ってくるのではないか。
だが、これから紹介する馬券術は、日刊スポーツを用いた作戦ながら、日刊コンピ指数とは一切関係がない。
本誌の読者投稿コーナー=馬券ブラックジャーナル内「おしゃべりな馬券」の常連投稿者にして、本誌最高齢の馬券師・とちおとめさん(81歳・栃木在住)が開発した、クラシカルでアナログな手法ながら、軸選定から買い目決定までが実にデジタルな馬券術。
【人気度チェック】に注目して、甘美な馬券をいただこう!


●最強企画 特別袋とじ
億千万男が激白!
2013年4月に1億3千万円、2014年に1億5千万円、さらにほかの馬券でも年間数千万円の利益を稼ぎ出すなど、競馬で大成功を収めた“億千万男”真田理。
しかし、夢を掴んだ男にまさかの事態が訪れようとしていた。
ここに収められた話は、恐らく“億馬券の的中当事者”が初めてマスコミに明かした「WIN5“億”馬券的中から“億”課税への顛末」だ。
そして、競馬を極めた真田の馬券作戦とは一体どんなものなのか?
その全ては、この袋とじの中にある!


●オーナーブリーダー&万馬券の仕掛け人!?
岡田牧雄の秋GI馬体予想
いよいよ本格的な秋のGIシーズンの到来である。
先月号の当欄の【スプリンターズS】予想で岡田牧雄氏は◎レッドファルクス○、レッツゴードンキ○と1、2着をズバリ的中!
3着に粘ったワンスインナムーンについては「着実に力をつけてきているから、全くダメだとは考えていない」と指摘していた。
さて、今月号で取り上げるのは、3歳三冠の最終戦の秋華賞&菊花賞、伝統のGI天皇賞・秋、そしてチャンピオン牝馬決定戦であるエリザベス女王杯の4鞍。
岡田氏はどんな決断を下すのか?  


●ターザン炎上競馬デスマッチ
超強力布陣で臨む秋、待望のGI奪取へ!――vs鮫島一歩調教師
今年のオークスでモズカッチャン、14年NHKマイルCのタガノブルグ、11年スプリンターズSのパドトロワ、04年宝塚記念のシルクフェイマスと、数々のGI2着に泣き続けた鮫島厩舎がこの秋、悲願のGI制覇に向けて臨戦態勢に入った。
ソルヴェイグこそスプリンターズSへの出走が除外となったが、秋華賞はオークス2着のモズカッチャンとハローユニコーンの2頭出し。
また菊花賞にはプラチナヴォイスがスタンバイ、サマー2000チャンピオンのタツゴウゲキも、大舞台に備えて英気を養っている。
が、それ以外にもこの厩舎には“買い”の要素がたくさん詰まっている。
今回は初対面の鮫島氏に突撃したターザン。
だが、のっけから度肝を抜かれる超大穴レースを見せ付けられ、取材テンションはMAXに!!!


●二度消えた男がふたたび“最強”に現れた
消息不明ジョッキー あのヤスヤスは、今
安田康彦、通称“ヤスヤス”――
――みなさんはこの騎手の名前をご記憶だろうか?
無印のブゼンキャンドルで大波乱を演出した秋華賞や、女傑エアグルーヴをサンライズフラッグで下した鳴尾記念、そしてなんといってもテイエムオペラオーと死闘を繰り広げたメイショウドトウとのコンビが忘れられない、GIジョッキーである。
一方で、問題児としても有名でトラブルを再三繰り返し、2006年には33歳の若さで突如騎手を引退。
しばらく音信不通のなか、4年前に一度本誌に登場するものの、ふたたび表舞台からは姿を消してしまった。
こうしてすっかり“消息不明ジョッキー”となったヤスヤスから、また、唐突に、連絡が入った。
いま、何をしているのですか?と尋ねると、想像だにしない答えが返ってきた。
「いまは毎日、工場で働いています」――。

全ては儲けのために……! 個性ゆたかな連載企画がてんこ盛り!
馬券シミュレーションを極める カネになる即買い馬
ダート女王決定戦 JBCレディスCのポイントは? KEIBA DATE SCOPE
競馬開催中の有事にJRAはどう備えるのか? 水上学の直言居士
党首★戸崎圭太騎手 ケイターメトリクス推進党 発足!クレイジー新党
発見!儲け話の裏ノウハウ 馬券ブラックジャーナル
藤田伸二氏、筆記試験不合格! 地獄の早耳
今月の重賞 大穴必中大作戦
新聞、ネットでは絶対読めない トレセン最前線
ハクサンフエロを見逃すな! POGバトル
高配当を仕留める究極のスピード指数 TARGET最強版
ごめんよ。エイシンフラッシュ 競馬万華鏡
きゃぷてんのでんせつはいつはじまるのか!? 最終Rのふたケタ人気でお宝馬券を掴みたい!
about us 会社案内 プライバシーポリシー お問い合わせ 求人案内
copyrights