雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉

著  者 諸富祥彦
定価(税8%) \724
( 本体価格 \670 )
判  型 文庫
刊 行 年 2016.01.20
ISBNコード 978-4-584-39386-4

Amazonで購入

ナチスの強制収容所における体験を綴った名著『夜と霧』の著者であり、「生きる意味」を見出していく心理療法、実存分析(ロゴセラピー)の創始者であるビクトール・フランクルが読者に熱く語りかける「魂」を鼓舞するメッセージ。「強制収容所での体験」「愛すること」「生きることの"むなしさ”」「人生の"苦しみ”」「生きる意味」「仕事」「幸福」「時間と老い」「人間」「神」について、フランクルの言葉を選り抜いて紹介する。
諸富祥彦(もろとみ よしひこ)

1962年、福岡生まれ。筑波大学、同大学院博士課程修了。千葉大学教育学部助教授を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。日本トランスパーソナル学会会長。日本カウンセリング学会理事、臨床心理士。
著書に『知の教科書 フランクル』(講談社選書メチエ)、『ビクトール・フランクル 絶望の果てに光がある』(小社刊)、『フランクル「夜と霧」』(NHK100分de名著)などがある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights