雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
決めて断つ

著  者 黒田博樹
定価(税8%) \888
( 本体価格 \822 )
判  型 文庫
刊 行 年 2015.03.20
ISBNコード 978-4-584-39366-6

Amazonで購入

衝撃とともに伝えられたヤンキース黒田博樹の日本復帰。
メジャーで日本人ナンバーワン投手とまで言われた男は、なぜその絶頂期に広島カープに戻ってきたのか。
決断までの苦悩、名門・ヤンキースで出会ったプロフェッショナル、ロビンソン・カノーからの言葉……。
カープ復帰までの心中を40ページに亘って大幅加筆。
黒田博樹の生き様とその人生哲学を読む。

名門ニューヨーク・ヤンキースが欲しがった日本人は「元補欠の野球選手」だった―。挫折を知り、両親の死を乗り越え、
広島への愛に悩んだ男が、繰り返してきた「決断」の道。そこには、現代にこそ見習うべき、静かで熱い「本物」の男の姿
がある。
黒田博樹(くろだ・ひろき)

1975年2月10日生まれ、大阪府出身。97年ドラフト2位で広島東洋カープに入団。2001年に2桁勝利を達成以降、球界を代表する投手に。04年はアテネオリンピック日本代表に選出。05年はキャリアハイの15勝を挙げ最多勝。ゴールデングラブ賞、ベストナインに選出される。06年は13勝、1.85という驚異的な防御率で最優秀防御率のタイトルを獲得。08年、ロサンゼルス・ドジャースへ。2年連続のポストシーズン進出に貢献、10、11年は2桁勝利を達成。12年ヤンキースに移籍。15年より広島東洋カープへ復帰。右投げ右打ち。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights