雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
知らずに他人を傷つける人たち

著  者 香山リカ
定価(税8%) \740
( 本体価格 \685 )
判  型 文庫
刊 行 年 2014.08.20
ISBNコード 978-4-584-39353-6

Amazonで購入

職場や家庭でのいじめや嫌がらせを表すことばとして新たに登場した「モラル・ハラスメント」。加害者は、言葉や態度によって巧妙に相手を傷つけることによって、相手を支配し、隷属させようとする。被害者は気づかないうちに相手の術中に陥り、「悪いのは自分のほう」という意識にまでなるという。モラハラは病気なのか。モラハラをなくすにはどうしたらいいか。また、モラハラをしないようにするには何に気をつけるべきか。
2007年版(ベスト新書)に新たに新プロローグを書き下ろした新版。
香山リカ(かやま りか)

1960年、北海道生まれ。
東京医科大学卒業。精神科医。立教大学現代心理学部教授。
豊富な臨床経験を活かし、現代人の心の問題のほか、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。
著書に『傷ついたまま生きてみる』(PHP文庫)、『悪いのは私じゃない症候群』『職場で他人を傷つける人たち』(以上、ベスト新書)、『ソーシャルメディアの何が気持ち悪いのか』(朝日新書)、『弱者はもう救われないのか』(幻冬舎新書)、『比べずにはいられない症候群』(すばる舎)ほか多数。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights