雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
ビクトール・フランクル 絶望の果てに光がある

著  者 諸富祥彦
定価(税8%) \700
( 本体価格 \648 )
判  型 文庫
刊 行 年 2013.05.20
ISBNコード 978-4-584-39329-1

Amazonで購入

全世界で1000万人が涙した『夜と霧』の著者である心理学者・フランクルの言葉を軸とした、現代を生きるための人生指南の書。「私なんかこの世にいない方がいい」「私の人生に意味などありはしない」「今の生活も不安だし、未来に希望が持てない」「もういっそ消えてしまいたい」…そんな思いに駆られて毎日がむなしいと感じていませんか?もしも、あなたが今、生きることにむなしさを感じているのなら、フランクルの言葉を聞いてみてください。きっと他の誰のものとも違う、自分自身の「生きる意味」が見つかるはずです。苦境に立たされた時にこそ、手に取ってほしい1冊。
諸富祥彦(もろとみ よしひこ)

1962年、福岡生まれ。筑波大学、同大学院博士課程修了。千葉大学教育学部助教授を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、臨床心理士。著書に『フランクル心理学入門』『「夜と霧」ビクトール・フランクルの言葉』(共にコスモライブラリー)などがある。
HP: http://morotomi.net/


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights