雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
まるわかり 江戸の医学

監  修 酒井シヅ
定価(税8%) \700
( 本体価格 \648 )
判  型 文庫
刊 行 年 2011.04.20
ISBNコード 978-4-584-39313-0

Amazonで購入

専門的な施設や高度な技術で作られた医療器具が存在せず、病の知識も乏しかった江戸時代の人々は、どのようにして病魔と戦ってきたのだろうか?
本書では「医者」「病」「薬」などの観点から、江戸時代の医学について解説する。まだ戦国時代のきな臭さが残る江戸初期から、一気に近代化に進んだ江戸後期まで、この約200年のあいだに見せた日本の医学の進化、発展の歴史を紐解いていく。
酒井シヅ(さかい しづ)

1935年静岡県生まれ。三重県立大学医学部卒業。東京大学大学院修了。医学史専攻。順天堂大学医学部教授を経て、現在、同大特任教授・名誉教授、日本医学史学会理事長などをつとめる。テレビドラマやコミックの医学監修などでも知られる。
著書に『日本の医療史』(東京書籍)、『病が語る日本史』『絵で読む江戸の病と養生』『すらすら読める蘭学事始』(以上、講談社)などがある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights