雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
本当は恐ろしい『古事記』・『日本書紀』

著  者 日本博識研究所
定価(税8%) \700
( 本体価格 \648 )
判  型 文庫
刊 行 年 2011.02.18
ISBNコード 978-4-584-39309-3

Amazonで購入

日本に現存する最古の歴史書『古事記』・『日本書紀』は、血塗られた「恐ろしい」エピソードに彩られている。近親相姦、裏切り、残酷な運命、骨肉の争い、徹底した男尊女卑etc.――そして、憎しみは連鎖する。「天地開闢」から「イザナキとイザナミの物語」「アマテラスの天岩戸事件」「天孫降臨」「ヤマトタケルの大遠征」「二朝対立疑惑」「崇峻天皇暗殺」「山背大兄王襲撃事件」「中大兄皇子の粛正」「壬申の乱」「持統天皇の譲位」まで、「真実の歴史」に迫る一冊。
日本博識研究所

豊富なデータベースをもとに、フィールドワークで得た調査結果と照らし合わせながら現代知識の体系化を行う団体。物理学から生物学、医学、経済学、社会科学、文学まで、幅広い分野のわかりやすい解説に定評がある。
著書に『人体のミステリー99』(宝島社)、『役立つ新書が3分でわかる本』(リイド社)、『イラスト図解 フリーメイソン』(日東書院)、『日本人が知らない医療の常識』(G.B.)など。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights