雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
甲子夜話異聞 もののけ若様探索帖

著  者 伊多波 碧
定価(税8%) \710
( 本体価格 \657 )
判  型 文庫
刊 行 年 2012.06.20
ISBNコード 978-4-584-36712-4

Amazonで購入

江戸の社会風俗から妖異な事件までを書き綴った随筆『甲子夜話』の著者・松浦静山は、若くして肥前国平戸藩主となった。妖異を感じとり、見ることのできる静山を恋いこがれる妖怪奥女中たちと江戸の上屋敷で暮らしている。物の怪に好かれ、自分の意思に関係なく、怪異な事件に巻き込まれていく若き日の静山を描いた、人情話あり、謎解きミステリーありの、ほのぼの妖怪時代小説のシリーズ第1弾。
伊多波 碧(いたば みどり)

新潟県生まれ。信州大学人文学部卒業。2001年、作家デビュー。繊細なストーリーと細やかな心理描写などに定評がある。時代小説の代表作に『紫陽花寺』(廣済堂文庫)、『恋桜』(ヴィレッジブックスedge)、「甘味侍江戸探索」シリーズ(学研M文庫)ほか。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights