雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
土下座侍 くらがり同心裁許帳15

著  者 井川香四郎
定価(税8%) \689
( 本体価格 \638 )
判  型 文庫
刊 行 年 2012.03.19
ISBNコード 978-4-584-36705-6

Amazonで購入

かつての同僚が悪事に手を染めているらしい――。
“土下座侍”大林天馬から相談を持ちかけられた翌日、材木問屋『生駒屋』の主人ら五人が惨殺された。丁稚は額に三日月の傷を持つ男、天馬の元同僚・浅見を見たという。追っていたくらがり事件と浅見に意外な共通点がありることを知った忠兵衛は探索に乗り出すが、その背後には、ある藩の改易にからむ巨大な陰謀が潜んでいた……。
迷宮事件を扱う窓際同心の人情裁き。待望の第十五弾!
井川香四郎(いがわ こうしろう)

1957年、愛媛県生まれ。中央大学卒。柴山隆司の筆名で書いた時代小説、『露の五郎兵衛』で小説CLUB新人賞受賞。
近刊に、『てっぺん 幕末繁盛記』(祥伝社文庫)、『福むすめ 樽屋三四郎言上帳』(文春文庫)、『吹花の風 梟与力吟味帳』(講談社文庫)、『暴れ旗本御用斬り 龍雲の群れ』(徳間文庫)などがある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights