雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
三匹の仇討ち おこげ長屋風聞帖

著  者 芦川淳一
定価(税8%) \700
( 本体価格 \648 )
判  型 文庫
刊 行 年 2009.11.20
ISBNコード 978-4-584-36669-1

Amazonで購入

元南町奉行所の定町廻り同心・伏木作之助と、御家人の次男で養子縁組の失敗から家を出た影山真吾。この浪人二人が住む“おこげ長屋”に、お家騒動のワナに陥り脱藩した倉内一郎太が転がり込んできた。ある昼下がり、真吾が懸想していた料理屋の女中の無残な斬殺体が大川端に浮かんだ。仇討ちに燃える真吾と作之助は、殺しの裏に仕組まれた企みを嗅ぎつけるが、二人の前に凄まじい殺気を放つ刺客が立ち塞がる……!
芦川淳一(あしかわ じゅんいち)

1953年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。時代小説の他に、ミステリーやジュニア小説など幅広く手がける。
主な著書に『似づら絵師事件帖』シリーズ、『おいらが俊作江戸綴り』シリーズ(ともに双葉文庫)、『朝露の楽多郎』シリーズ(徳間文庫)、『福豆ざむらい事件帖』シリーズ、『うつけ与力事件帖』シリーズ(ともに学研M文庫)、『包丁浪人』(ワンツーマガジン社)がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights