雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
恥じらい水 薬師硯杖淫香帖

著  者 北山悦史
定価(税8%) \823
( 本体価格 \762 )
判  型 文庫
刊 行 年 2008.10.20
ISBNコード 978-4-584-36650-9

Amazonで購入

薬師の硯杖は、犬以上と自負する鋭い嗅覚を武器に、女たちの人に言えぬ悩みを癒してきた。ある日、性具屋の若い女主人から、店秘伝の媚薬を再現してほしいと依頼され、薬草の知識と鋭敏な嗅覚とを駆使して媚薬を作り上げる。夫との不仲に悩む武家妻、生きるために体を売る女郎、男は煩わしいという少女たち…、何人もの女を媚薬と硯杖の魔羅が極楽浄土へと導いていく。好評時代官能シリーズ第3弾!
北山悦史(きたやま えつし)

1945年、北海道生まれ。山形大学文理学部中退。90年に官能小説大賞、93年に日本文芸家クラブ大賞、98年に報知新聞社賞を受賞。時代小説作品に『匂い水』『疼き水』『やわひだ詣で』『やわひだ巡り』『やわひだ探り』『やわひだ崩し』(以上、小社刊)、『花魁殺し 吉原蛍狩り始末帖』(学研)、『隠れ医師明庵恩讐剣』(コスミック)、『絵草子屋勘次しぐれ剣』(竹書房)、『辻占い源也斎ぬめり指南』(廣済堂出版)などがある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights