雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
なみだ雲  よろず稼業銑十郎

著  者 笠岡治次
定価(税8%) \771
( 本体価格 \714 )
判  型 文庫
刊 行 年 2008.11.20
ISBNコード 978-4-584-36645-5

Amazonで購入

直心影流の手練で、船宿の船頭を生業にする浪人・小佐々銑十郎。よろず稼業で引き受けたのが、寄場送りから娑婆に出てくる大店「久吾屋」の長男・久次を実家に連れ戻す仕事だった。病床に伏した父親が、久次を勘当したあげく、道を踏み外させたことを悔い、詫びたいという。だが、父子の確執から、息子は聞く耳を持たない。そんななか、昔の悪仲間が久次に甘言を弄し近寄ってくる……。
笠岡治次(かさおか はるじ)

愛知県生まれ。大学卒業後、歴史関係の編集者を続けながら、時代漫画、映画作品のシナリオ、演劇脚本などを執筆。架空戦記で作家デビューを飾り、以後の作品は、ミステリー、ホラーと幅広く書き分け、長篇時代小説『百姓侍人情剣』を上梓する。以後『見習い同心』『十手乱れ花』『武士の道』『頑固者』『なみだ橋』(以上、廣済堂出版刊)、『流れ雲』『ちぎれ雲』『守り袋』(以上、小社刊)がある。江戸情緒溢れる人情時代小説が好評を博している。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights