雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
秋蛍 くらがり同心裁許帳12

著  者 井川香四郎
定価(税8%) \689
( 本体価格 \638 )
判  型 文庫
刊 行 年 2008.09.19
ISBNコード 978-4-584-36641-7

Amazonで購入

江戸で一番の人気を博していた「羽織幇間」であり、流行りの三味線弾きであった瀬戸家玉八郎。その玉八郎が何者かによって拐かされ、出し物を演じる見世物小屋に三千両を要求する脅迫状が届けられた。看板芸人が拐かされたという一大事のはずが、興行主たちの反応ははぜか鈍かった……。迷宮入り事件を扱う窓際同心がふるった情けの十手。人情あふれる好評シリーズ、待望の第十二弾!
井川香四郎(いかわ こうしろう)

1957年、愛媛県生まれ。中央大学卒。柴山隆司の筆名で書いた、小説『霧の五郎兵衛』で小説CLUB新人賞を受賞。最近刊は『怒濤の果て 暴れ旗本八代目』(徳間文庫)、『斬らぬ武士道とっくり官兵衛酔夢剣』(二見時代小説文庫)。また現在、脚本家としても活躍中で、「暴れん坊将軍」「八丁堀の七人」など、多くの作品がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights