雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
いけにえ人形 ―南蛮侍妖かし帖―

著  者 安達 瑶
定価(税8%) \823
( 本体価格 \762 )
判  型 文庫
刊 行 年 2008.05.20
ISBNコード 978-4-584-36638-7

Amazonで購入

長崎奉行の江戸屋敷では、お局らが腰元のひとりを庭木に吊るし、柔肌を弄ぶ淫靡な折檻が繰り広げられていた。やがて折檻はその度合いを強め、性の饗宴にまで発展する。一方、江戸城では、オランダ商館長の江戸参府をひかえて供応役の若侍が上役から理不尽ないじめを受けていた。オランダ使節の供応役補佐に任じられた幕府天文方・宇田川洋相は、いじめの背後に邪悪な陰謀を感じとり、人気女形の雪之丞とともに謎の解明に乗り出す。好評シリーズ第三弾!
安達 瑶(あだち よう)

「SFからSMまで」を標榜し、現代官能物を中心にジャンルを超えて活躍する男女合作作家。長編時代小説作品に『危な絵の女 南蛮侍妖かし帖』『淫らからくり 南蛮侍妖かし帖』(小社刊)などがある。

ホームページ
http://homepage2.nifty.com/adachiyo/


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights