雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
疼き水 薬師硯杖淫香帖

著  者 北山悦史
定価(税8%) \823
( 本体価格 \762 )
判  型 文庫
刊 行 年 2008.04.18
ISBNコード 978-4-584-36635-6

Amazonで購入

人並みはずれた鋭い嗅覚を持つ薬師の硯杖は、薬草を取りに入った山で、忘れえぬ女性の香りと酷似した秘毛を見つけ、その持ち主を見つけ出すことを誓う。ところが、川開きの夜、その秘毛をお守り代わりに入れていた財布を掏られてしまう。硯杖の着物に残された匂いを手がかりに探し出した犯人は、はちきれんばかりの若さと肉体を持った女掏りだった…。硯杖が己の魔羅を薬にした裏治療で、女たちの悲しみや不幸を癒していく好評時代官能シリーズ第2弾!
北山悦史(きたやま えつし)

1945年、北海道生まれ。山形大学文理学部中退。90年に官能小説大賞、93年に日本文芸家クラブ大賞、98年に報知新聞社賞を受賞。時代小説作品に『匂い水』『やわひだ詣で』『やわひだ巡り』『やわひだ探り』『やわひだ崩し』(小社刊)、『隠れ医師明庵恩讐剣』(コスミック)、『淫ら千両 二代目鼠小僧・佐吉』(学研)、『素浪人鉄之進夜啼き剣』(竹書房)、『辻占い源也斎悶え指南』(廣済堂)、『淫能の野剣』(大洋時代文庫)などがある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights