雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
はぐれ与力・巻之三 捜し屋孫四郎たそがれ事件帖

著  者 池端洋介
定価(税8%) \741
( 本体価格 \686 )
判  型 文庫
刊 行 年 2007.12.17
ISBNコード 978-4-584-36625-7

Amazonで購入

元与力、井上孫四郎は、新たに始めた捜し屋稼業がようやく軌道に乗り始め、ひと息ついたところ。そんな孫四郎夫婦に舞い込んできたのは、七人の捨て子の親探しと世話の依頼だった。育ち盛りの子どもたちの底なしの食欲に圧倒される孫四郎と妻のお福。だが、孫四郎は捜し屋稼業で江戸の闇に足を踏み入れた結果、人身売買であくどく儲ける極悪人に命を狙われるようになっていた。預かった子どもたちのために買い出しに出た孫四郎を尾行する不審な人影が!?
池端洋介(いけはた ようすけ)

1957年、東京生まれ。雑誌編集者、業界紙記者を経て、執筆活動に入る。『はぐれ与力』シズ、『秘剣 霞斬り』『人斬り般若』(ともに小社刊)、『さすらい雲』『たそがれ橋』(ともに学研)、『闇旗本・人斬り始末』『鬼勘犯科帳』(ともにコスミック)等の著作がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights