雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
はぐれ与力・巻之二 捜し屋孫四郎たそがれ事件帖

著  者 池端洋介
定価(税8%) \751
( 本体価格 \695 )
判  型 文庫
刊 行 年 2007.09.20
ISBNコード 978-4-584-36613-4

Amazonで購入

風烈廻り与力、井上孫四郎は、父親との反目からお役儀返上して浪人の身となった。貧しい暮らしながら恋女房に支えられ「捜し屋」稼業に精を出す毎日だが、ある日、幼い兄妹と出会う。気になった孫四郎は、別れた後に二人を探し回り、浪人者に襲われて危機一髪のところを救い出すが、兄の背の荷物には数えきれないほどの小判が入っていた。「僕たちの用心棒になって!」。哀れな兄妹のため、はぐれ与力が江戸を駆ける! 好評、第二弾!
池端洋介(いけはた ようすけ)

1957年、東京生まれ。雑誌編集者、業界紙記者を経て、執筆活動に入る。『はぐれ与力』『秘剣 霞斬り』『人斬り般若』(ともに小社刊)、『さすらい雲』『たそがれ橋』(ともに学研)、『闇旗本・人斬り始末』『鬼勘犯科帳』(ともにコスミック)等の著作がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights