雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
縁切り橋 くらがり同心裁許帳3

著  者 井川香四郎
定価(税8%) \669
( 本体価格 \619 )
判  型 文庫
刊 行 年 2004.09.17
ISBNコード 978-4-584-36514-4

Amazonで購入

下谷広小路に店を構える薬種問屋の主人が、心の臓を一突きにされて殺された。その残忍な手口は一年前の、鍛冶職人の房蔵殺しと同じだった。
くらがりに落ちた――迷宮入りになった事件ばかりをあつかう南町奉行所の永尋書留役同心・角野忠兵衛は、一年前の事件の洗い直しを始めるが、そこには思いもよらぬ真実が隠されていた……。涙に煙る吾妻橋に、男と女の哀しい想いが吹き渡る! 書下ろし好評シリーズ第三弾。
井川香四郎(いかわ こうしろう)
1957年、愛媛に生まれる。中央大学卒業。現在は、脚本家として活躍中。また柴山隆司の筆名で書いた、小説『霧の五郎兵衛』で小説CLUB新人賞を受賞。著書に『飛蝶幻殺剣』(廣済堂文庫)、脚本作品に「暴れん坊将軍」「水戸黄門」がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights