雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
超怖いほんとうの話

著  者 さたなきあ
定価(税8%) \700
( 本体価格 \648 )
判  型 文庫
刊 行 年 2011.06.20
ISBNコード 978-4-584-30917-9

Amazonで購入

あとでじんわり怖くなる……
異界は特別な場所にあるのではない。
日常と日常のつなぎ目のようなところでひっそりと待ちかまえているのだ。
だからこんなにも怖いのである。
不思議としかいいようのない出来事、日常の小さな綻びのような恐怖の中で、誰かに見つめられている気配、何かがまとわりつく感触。
そこには「何か」がいる。
人知れず現代をさまよう「何か」。
怪談の名手、さたなきあが贈る、アナタが知らない世界から届くリアルに怖い話。
あらためて言うまでもないが、すべて実話である。
さたなきあ
『季刊・幻想文学』誌他にて作家・レビュアーとして活動。
都市に潜み棲んで人を翻弄し、ときに人を傷つける虚無性を怪異として表現する手法を模索する。
おもな著書・編著書に『怪異譚輯 墓地物語』『幻獣小説集・夢見る妖虫たち』(北宋社刊)、『怖すぎる話』『たまらなく怖い怪談』『あなたの隣の怪談集』『とてつもなく怖い話』(小社刊)などがある。
これらの著作は電子書籍としても展開中。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights