雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
遠征はカネになる!

著  者 武内一平
定価(税8%) \1,700
( 本体価格 \1,574 )
判  型 B6並製
刊 行 年 2016.11.22
ISBNコード 978-4-584-13757-4

Amazonで購入

JRAは東(美浦)と西(栗東)に分かれ、厩舎(と管理する馬)と騎手はいずれかの所属になる。東の馬(もしくは騎手)が関西の競馬場(京都・阪神・中京・小倉)へ、西の馬(もしくは騎手)が関東の競馬場(東京・中山・福島・新潟)で走る(騎乗する)場合を「遠征」という。その遠征で鉄板ともいえる軸馬、大穴をあける馬、騎手に着目した馬券本、初登場!
厩舎関係者に「遠征のヤリヤラズ」も直撃!
本書は競馬新聞だけでコト足りる、極めて実戦的な馬券バイブルです。
武内一平(たけうち いっぺい)

1952年高知県出身。早稲田大学政経学部卒業後、フリーライターに。週刊現代など週刊誌のライターを務めるかたわら、月刊誌「競馬最強の法則」にも寄稿。競馬・パチンコなどギャンブル全般に詳しい。競馬書籍(いずれも弊社刊)のライティングは『25万円の元金を競馬で1億円にする方法』(著・ミツル)、『100円玉が1千万円になる3連単最強の法則』(著・Kヤマモト)、『万馬券の9割を狙える方程式』(監修・清水成駿)、『予想力ゼロでも勝つ競馬投資入門』(監修・福島毅)、『短距離王』(著・「競馬最強の法則」短距離特捜班)、『無印良駿』(著・樋野竜司)。著書に『単勝1倍馬とケンカして勝つ方法』、『2頭出しの正しい選び方』(いずれも弊社刊)。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights