雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
「小顔」ってニホンではホメ言葉なんだ!? 〜ドイツ人が驚く日本の「日常」〜

原  作 サンドラ・ヘフェリン
漫  画 流水りんこ
定価(税8%) \1,274
( 本体価格 \1,180 )
判  型 A5並製
刊 行 年 2015.09.25
ISBNコード 978-4-584-13670-6

Amazonで購入

「小顔だね」というホメ言葉は、ドイツ人には、「脳ミソ入ってないみたい」と聞こえる!?

「日本人は太っ腹! 」
「日本は女性的な社会」
「日本人は時間にルーズ!?」
など、日本に対するドイツ人の素朴な疑問や驚きのほか、
「ドイツ人は裸が大好き! 」
「ドイツ人は衝動的(シュポンタン)な人間に憧れる」
などなど、ドイツ人の面白くて意外な一面もたっぷりご紹介!

日本の見え方がちょっぴり変わる、爆笑コミックエッセイ!
【サンドラ・ヘフェリン Sandra Haefelin】
1975年生まれ。ドイツ・ミュンヘン出身。日本歴17年。 日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「ハーフとバイリンガル問題」「ハーフといじめ問題」など、「多文化共生」をテーマに執筆活動をしている。著書に『ハーフが美人なんて妄想ですから!!』(中公新書ラクレ)、『ニッポン在住ハーフな私の切実で笑える100のモンダイ』(共著/KADOKAWA)、『日本人、ここがステキで、ここがちょっとヘン。』(共著/大和出版)、『満員電車は観光地!?』(共著/KKベストセラーズ)など計10冊。

【流水りんこ Nagami Rinko】
漫画家。1983年、『魍魎伝説』(廣済堂)でデビュー。ホラー漫画家として活動したのち、バックパッカー時代のインドでの経験や、インド人男性との国際結婚、2児の育児を題材としたエッセイ漫画も執筆。代表作『インドな日々』(朝日新聞出版)、『インド夫婦茶碗』(ぶんか社)など著作多数。日常のささいなことを丁寧にユーモラスに描く作風が人気で、人物の表情の豊かさやギャグの面白さに定評がある。近刊に『満員電車は観光地!?』(共著/ベストセラーズ)、『流水りんこの南印度は美味しいぞ~!』(主婦と生活社)、『オカルト万華鏡』(朝日新聞出版)など。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights