雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
ずっと独身でいるつもり?

著  者 雨宮まみ
定価(税8%) \1,242
( 本体価格 \1,150 )
判  型 B6変型並製
刊 行 年 2013.10.18
ISBNコード 978-4-584-13526-6

Amazonで購入

「結婚って自然にできるものだと思ってたのに、気づいたらまだ独身…」「今すぐ婚活する気はないけれど、一生独身でもいたくない…」
――そんな"なんとなく独身"の現状と本音を綴るエッセイ。

『女子をこじらせて』で鮮烈デビューした雨宮まみが、今まであまり触れられてこなかった独身女性の心の機微を丁寧に語ります。

結婚したくても結婚できないのは自分に問題があるからなのか、それとも特に理由などなくて単なる「運」に近い何かなのか、そして、いつまで続くかわからないこの独身期間とどう付き合っていけばいいのかなどを中心に、結婚や独身生活について考える、独身女性の心に寄り添う1冊です。

※ 本書は、マイナビニュースの人気web連載「ずっと独身でいるつもり?」に加筆修正をし、書き下ろしを加えて再編したものです(「第4章 私が結婚しなかった理由」は、本書のための完全書き下ろし)。
雨宮まみ(あまみや まみ)

1976年、福岡県生まれ。ライター。著書『女子をこじらせて』や対談集『だって、女子だもん!!』(共にポット出版)で、女であることに素直に向き合えなかった自分自身の経験を書く。主に女性の自意識や恋愛などをテーマに「音楽と人」「Numero」「マイナビニュース」「ウェブ平凡」等で連載中。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights