雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
人生をアップトレンドに乗せる方法 ―スガシタ式「心・技・体」を磨く―

著  者 菅下清廣
定価(税8%) \1,512
( 本体価格 \1,400 )
判  型 四六並製
刊 行 年 2013.08.16
ISBNコード 978-4-584-13516-7

Amazonで購入

お金の波動(=サイクル)にうまく乗れれば、人生は飛躍的に成功する。しかし、人生にも同じように波動(=バイオリズム)があり、本当の大成功はこの2つの波動が同期したときにしか訪れない。ならば、この2つの波動を一体どうやって合わせたらよいのだろうか。

本書は、国際金融コンサルタントとして、「経済の千里眼」の異名をもつ著者が、この誰もが知りたい秘密を大公開します。第2ステージに入ったアベノミクス相場に勝てる人間になるために、勝つ人の発想・生き方・生活習慣に学べ!


(目次)

プロローグ

第1章 成功者に共通する“自由"をもたらす生活習慣
 お金持ちになれば自由に時間を使え、人生が充実する
 成功者は自分の好きなこと、没頭できることを仕事にしている
 凡人とは異なる、成功者ならではの生活習慣
 好かれる人間になれるかどうかは第一印象で決まる

第2章 お金の波動と人生のバイオリズム
 お金の波動は「サイクル理論」で先行きを予測できる
 景気と連動しやすい伊勢神宮の「式年遷宮」のサイクル
 「アベノミクス相場第1ステージ」は終了した
 さまざまなサイクルが今後の上昇を予告する
 アベノミクスに乗ると乗らないとで、経済格差が開く時代に

第3章 手本にしたい偉人たち
 己を高め、上昇する波に乗った賢人たちに学べ!

出光佐三(出光興産創業者)
 商いを学ぶため、丁稚奉公からキャリアをスタート
 苦しいときこそ社員を思いやる「大家族主義」
 運をもたぐり寄せた、出光の「よい生活習慣3つ」

ジム・ロジャーズ(米国人投資家、ロジャーズ・ホールディングス会長)
 ジム・ロジャーズの好敵手――バフェット、ソロスの投資スタイル
 社会に出る前から働き、金融リテラシーを磨く意義
 緻密なデータ分析と行動力で、伝説と呼ばれる存在になった

秋山真之(日露戦争時の日本海軍参謀)
 古今東西の戦史を研究し尽くし、日露戦争の英雄に
 若くして人生の目的を立て、計画的に生きていた

孫正義(ソフトバンクグループ創業者)
 貧困、差別という逆境に屈することなく、勉学に励んだ学生時代
 時間を片時もムダにしないため、発明の時間は「5分」と限定

第4章 人生のバイオリズムを変える生活習慣
 スガシタ式“心・技・体を磨く"毎日の生活習慣
 ●毎朝5時に起床する
 ●朝風呂に入る
 ●必ず朝食を摂る
 ●新聞を“7紙"読む
 ●テレビのニュースを見る
 ●“今日やること"を一覧表にしてまとめる
 ●ビジネスランチの時間は最長でも1時間
 ●毎日必ずスポーツクラブで汗を流す
 ●残業は絶対しない
 ●ビジネスディナーは最長2時間。二次会は行かない
 ●帰宅後はリラックスタイム

「心」を整えるための生活習慣
 ●「ギブ&テイク」ではなく「ギブ&ギブ」の精神を持つ
 ●決して怒らない
 ●人の悪口をいわないことを心がける
 ●「忙しい」アピールをしない
 ●元気に、溌剌とふるまう
 ●武道や将棋で集中力を高める
 ●良質な音楽や美術、文学にふれて、想像力を育む
 ●海外留学や海外旅行をする

「技」を整えるための生活習慣
 ●将来どうありたいかという目標を設定する
 ●情報は“広く浅く"収集する
 ●できるだけたくさんの人と会う
 ●人に会う前には必ず鏡で見た目をチェックする
 ●高級なスーツを新調する
 ●重要なアポイントメントの15~20分前には約束の場所に到着する
 ●アポイントメントの前日にメール、礼状も欠かさない
 ●お店をリサーチし、日ごろからリストアップしておく
 ●気前よくお金を使える人間になる

「体」を整えるための生活習慣
 ●大食・偏食は厳禁。食材の質にも注意する
 ●スポーツジムで体調管理をする
 ●常に自分の健康を気にかけ、予防医学を重視する

第5章 生活習慣を変えればマインドは変わり、人生が変わる
 ポジティブな友人が、あなたを好感度の高い人にしてくれる
 成功するためには、「素直」な人間であれ
 人生の波動が「下り」のときは、無理をせず休もう
 人生が「下向き」と感じているなら、これから上げていけばいい

エピローグ
菅下清廣(すがした きよひろ)

国際金融コンサルタント、経済評論家、スガシタパートナーズ社長、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。立命館大学経済学部卒業後、大和証券国際部を経て、メリルリンチに入社。事業法人や機関投資家の資産運用アドヴァイザーとして、世界トップの成績を収める。その後、アメリカの名門投資銀行キダー・ピボディを経て、フランス系投資銀行の日本法人ラザード・ジャパン・アセット・マネージメント代表取締役社長を務める。現在は国内外の金融機関、新興企業、ベンチャー企業のコンサルタントや金融顧問を務める。また、経営者、投資家のためのセミナー、勉強会を多数運営。
近著に『日本株で20年に一度の大波に乗る方法』(青春出版社)、『今こそ「お金の教養」を身につけなさい』(PHP研究所)ほか多数がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights