雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
戦国時代の余談のよだん。

著  者 和田 竜
定価(税8%) \1,620
( 本体価格 \1,500 )
判  型 四六並製
刊 行 年 2012.10.25
ISBNコード 978-4-584-13456-6

Amazonで購入

大ヒット作『のぼうの城』必読の創作秘話から、あの人気戦国武将の抱腹絶倒のこぼれ話まで。

★創作秘話の章。
これまで出した三冊の小説『のぼうの城』『忍びの国』『小太郎の左腕』の取材話ですが、ここまで細かく書いたものは、他にありません。(著者談)

★戦国武将話の章。
家臣に言われ放題の家康/ここ一番で捨て身になれる秀吉/説教くさく神経質な信長/合戦上手のまるでアスリートの謙信/戦国一の天才でドラマのような晩年を送った如水etc.
人間味にあふれた武将の、あまりに愛しすぎる姿!
和田 竜(わだ りょう)

1969年、大阪府出身。2003年に映画脚本「忍ぶの城」で第29回城戸賞を受賞。07年。その脚本を小説化した『のぼうの城』で作家デビュー。累計175万部を超える大ベストセラーに。『忍びの国』『小太郎の左腕』とヒット作を連発。現在週刊新潮にて「村上海賊の娘」を連載中。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights