雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
東京スカイツリー物語

著  者 松瀬 学
定価(税8%) \1,512
( 本体価格 \1,400 )
判  型 四六並製
刊 行 年 2012.01.25
ISBNコード 978-4-584-13373-6

Amazonで購入

世界一の高さを誇る「東京スカイツリー」。建設に賭けた男たちのドラマに迫った、スカイツリー公認ノンフィクション!

地上634メートル。世界一の高さに挑むのは、それぞれの分野で「一流」の、職人や設計者やデザイナーたちだ。最新の技術を駆使した調査やシミュレーション、時空をこえるランドスケープの想像、未知の高さでの建設作業……前人未到の偉業にのぞむ一流の人びとはどんな人間たちなのだろうか。仕事を前にどんなことを思い、どんな思いでスカイツリーを見つめるのだろう。世界一のタワーを作る現場の人たちの肉声には、人の生き方や働き方、人類の希望や夢がつまっていた。今回話を聞いたのは11人。2年の歳月をかけて、スカイツリーを様々な視点から支える仕事人たちの、本音がこめられた一冊。
松瀬 学(まつせ まなぶ)

ノンフィクションライター。1960年、長崎県出身。早稲田大学ではラグビー部で活躍。83年に同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク支局に勤務。02年に同社退社後、ノンフィクションライターに転身。人物モノ、五輪モノを得意とする。
著書に『汚れた金メダル―中国ドーピング疑惑を追う―』(文芸春秋社=ミズノスポーツライター賞受賞)、『五輪ボイコット―幻のモスクワ、28年目の証言―』『早稲田ラグビー再生プロジェクト』(ともに新潮社)、『サムライ・ハート上野由岐子』(集英社)『匠道〜イチローのグラブ、松井のバットを創る職人たち』(講談社)『武骨なカッパ 藤本隆宏』(ワニブックス)『ラグビーガールズ』(小学館)『負げねっすよ、釜石』(光文社)など多数。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights