雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
放射能と原発のこれから

著  者 武田邦彦
定価(税8%) \1,188
( 本体価格 \1,100 )
判  型 四六並製
刊 行 年 2011.12.20
ISBNコード 978-4-584-13367-5

Amazonで購入

牛肉、コメについで粉ミルクからも放射性セシウムが検出!
3・11からもうすぐ1年になろうとしているのに、次々にショッキングなニュースが飛び込んできます。
フクシマ原発の収束はおろか、放射能汚染は全国に拡散し、がれき処理も、除染も、政府の対応も、もどかしいかぎり。
政府もマスコミもホントのことを伝えてくれない今、私たちは、これからどうしたらいいのでしょう?
自分で自分の身を守るには、何が必要なんでしょう?
本書は、これからお父さんやお母さんになる人、子供を育てている人、自分の健康が心配な人など、放射能時代を生きる私たちが抱く不安と疑問のすべてに、武田先生が中高生目線でわかりやすくお応えします。


Q 放射能って怖いものなんですか?
Q どうすれば放射能から身を守れますか?
Q なぜ日本は原発をやめないのですか?
Q 自然エネルギーは地球にやさしいですか?

若者から大人、先生まで、いま知りたいことのすべてが
わかる納得の特別講義です。
都内私立女子高生100人のアンケートも公開!


【目次】

1時限●武田先生、放射能って怖いものなんですか?
2時限●武田先生、どうすれば放射能から身を守れますか?
3時限●武田先生、なぜ日本は原発をやめないのですか?
4時限●武田先生、自然エネルギーは地球にやさしいですか?
課外授業●女子高生100人のアンケート 
武田邦彦(たけだ くにひこ)

1943年東京都生まれ。工学博士。専攻は資源材料工学。東京大学教養学部基礎科学科卒業後、旭化成工業に入社。同社ウラン濃縮研究所所長、93年芝浦工業大学工学部教授、02年名古屋大学大学院教授、07年より中部大学総合工学研究所教授。内閣府原子力委員会および安全委員会専門委員、文部科学省科学技術審議会専門委員を歴任する。TV、雑誌、インターネット配信、執筆活動等で独自の見解を披露し、毎日、発信する自身のブログにアクセス集中。全国各地の講演で超多忙な日々をおくる。

ブログ→http://takedanet.com/


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights