雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
戦う大名行列

著  者 乃至政彦
定価(税8%) \950
( 本体価格 \880 )
判  型 新書
刊 行 年 2018.09.11
ISBNコード 978-4-584-12575-5

Amazonで購入

強い武将の秘密は「行列」にあった!
武士の行列は、どのようにして戦闘用となったのか?
平安時代の天皇の行幸から戦国時代の陣立書、徳川時代の大名行列や参勤交代の行列まで、『戦国の陣形』の著者が武士の行列を大解剖する。
1974年香川県高松市生まれ。戦国史研究家。専門は、長尾為景・上杉謙信・上杉景勝、陣立(中世日本の陣形と軍制)。
著書に『戦国の陣形』(講談社現代新書)、『戦国武将と男色』(洋泉社歴史新書y)、監修に『図解! 戦国の陣形』(洋泉社MOOK)、おもな論文に「戦国期における旗本陣立書の成立─[武田陣立書]の構成から─」(『武田氏研究』第53号)がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights