雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
お尻をほぐせば「疲れ」はとれる

著  者 坂詰真二
定価(税8%) \907
( 本体価格 \840 )
判  型 新書並製
刊 行 年 2017.05.09
ISBNコード 978-4-584-12556-4

Amazonで購入

なぜお尻を柔らかくしなければならないのか!?

私たちの骨盤、太もも、脛、足など下半身は建物でいえば基礎に当たる部分です。ですから、まずここを正しい状態に戻さないと根本的な問題は解決しません。
椅子に座る生活が長い現代において、主に体を支える役割をしているのはお尻部分です。
お尻の固さに目を向けずに放置したまま、首や胸、お腹をストレッチして背すじを伸ばそうとすると、重心が後方に傾いてしまい、不安定な姿勢になってしまうのです。
まず着手すべきは基礎となるお尻のストレッチです。
坂詰真二(さかづめ しんじ)

1966年生まれ、新潟県出身、横浜市立大学文理学部卒。スポーツ&サイエンス代表。NSCA認定ストレングス&コンディショニング・スペシャリスト、同協会認定パーソナルトレーナー。横浜リゾート&スポーツ専門学校講師。株式会社ピープル(現コナミスポーツ)でディレクター、教育担当を歴任後、株式会社スポーツプログラムスにて実業団などのチーム、個人選手へのコンディショニング指導を担当。1996年に独立後、指導と後進の育成に加え、各種メディアでも活躍。育成したトレーナーは3000人を超え、『坂詰式「正しい」筋トレの教科書』(カンゼン)ほか、多数の著書・監修書籍がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights