雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
北朝鮮 祖国の悪魔

著  者 朴甲東
定価(税8%) \700
( 本体価格 \648 )
判  型 文庫
刊 行 年 2002.12.19
ISBNコード 4-584-39151-3

Amazonで購入

日本人を拉致し、核ミサイルの開発に手を染め、国際的に孤立し内情が窺い知れない北朝鮮とは、どういう国なのか。そんな北朝鮮の支配者として君臨した故金日成と、現支配者の金正日の恐ろしい素顔とは―。かつて北朝鮮の要職にあった亡命者が、母国の窮状と悪事のすべてを記した衝撃の書。
1919年生まれ。16才で日本に渡り、早稲田大学政経学部を卒業。1941年、朝鮮に帰り独立運動に身を投じる。1945年の解放後は、朝鮮共産党機関紙『解放日報』政治部記者、南朝鮮労働党機関紙『労力人民』編集部長を経て、1950年4月、南朝鮮労働党地下総責となる。同年6月、朝鮮戦争に非協力の罪で降職、1951年、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の文化宣伝省ヨーロッパ部長に就任。1953年、金日成の粛正により逮捕。不当監禁されるも処刑寸前にフルシチョフのスターリン批判により釈放され、北朝鮮を脱出。11957年より日本に滞在し、金日成政権に対する抵抗を続ける。1992年、各国に亡命中の北朝鮮出身者とともにモスクワで「朝鮮民主統一救国戦線」を結成、常任議長に就任。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights