雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
百鬼斬り  四十郎化け物始末

著  者 風野真知雄
定価(税8%) \741
( 本体価格 \686 )
判  型 文庫
刊 行 年 2006.04.20
ISBNコード 4-584-36562-8

Amazonで購入

化け物退治稼業で糊口を凌ぐ月村四十郎に、そば屋に毎夜現れる閻魔さま退治の仕事が舞い込んだ。騒ぎは四十郎の活躍で一件落着するが、なんと閻魔の正体は人間、しかも、かの北町奉行遠山金四郎の密偵だった。何故? さらには金四郎から行方不明になった西洋の大砲を探し出せとの密命が下る。
南町奉行鳥居耀蔵と遠山金四郎との確執に巻き込まれ、深川一体を歩き回る四十郎。そこへ謎の女が接近。敵なのか味方なのか?
江戸の町を奔走する四十郎に突如刺客が襲い掛かる!

追う四十郎!逃げる妖怪!
お江戸の町を舞台に妖怪・人間入り乱れての大騒ぎ!
風野真知雄(かぜの まちお)
1951年福島県生まれ。立教大学法学部卒業。93年『黒牛と妖怪』で第17回歴史文学賞受賞。著書に『西郷盗撮』『鹿鳴館盗撮』『刺客が来る道』『水の城』『幻の城』『刺客、江戸城に消ゆ』など多数。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights