雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
献残屋 悪徳始末

著  者 喜安幸夫
定価(税8%) \710
( 本体価格 \657 )
判  型 文庫
刊 行 年 2005.07.20
ISBNコード 4-584-36538-5

Amazonで購入

献上品や払い下げ品を引き取り、それを再販する「献残屋」箕之助のもとに集う市井の男たちが、密かに悪を葬る! 
人の欲望と武家社会の悲哀を人情味豊かに描く書き下ろし傑作時代小説。
喜安幸夫(きやす ゆきお)
1944年生まれ。兵庫県出身。1988年『台湾の歴史』で第7回日本文芸家クラブ大賞ノンフィクション賞受賞。2000年『はだしの小源太』『身代わり忠義』などで第30回池内祥三文学奨励賞受賞。
著書に『木戸の闇裁き』以下「大江戸番太郎事件帳シリーズ1?6」『討ち入り非情』『仇討ち修羅街道』『菅原幻斎怪異事件控』など多数。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights