雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
暗号はこうして解読された

著  者 原勝洋
定価(税8%) \2,700
( 本体価格 \2,500 )
判  型 四六上製
刊 行 年 2001.12.07
ISBNコード 4-584-18641-3

Amazonで購入

米国立公文書館の暗号関係資料が秘密解除されたのを機に、幻の「
海軍暗号書D」の解読過程を明らかにすると共に、日米開戦をめぐ
る『ルーズベルト大統領陰謀説』に一石を投ずる書として話題怫然
!初公開のオリジナル資料を多数収録し、太平洋戦史の謎に迫りま
す。カラー写真8頁、モノクロ16頁、オリジナル資料100頁の圧巻!
戦史研究家として「暗号名ウルトラ――山本長官機を撃墜す」(文
藝春秋)「情報戦――負けっ放しの日本」(諸君)他、論文多数を発
表。『高松宮日記』の編纂に関し調査に従事。『伝承大和 上・下
』(光人社)『真珠湾』(学研)『ドキュメント特攻』(文春ノンフィ
クションビデオ)の監修の他、写真集『カミカゼ上・下』『戦艦大
和建造秘録』『カラー写真で見る太平洋戦争秘録』『零戦秘録』『
カラー写真で見る原爆秘録』(以上、小社刊)等がある。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights