雑誌 単行本 文庫&新書 細木数子の本 人気シリーズ
担当者オススメ ニュース&イベント WEB紹介 プレゼント サイトマップ
ZERO_米軍がとらえた日本陸海軍機

編  著 柴田武彦
協  力 原勝洋
定価(税8%) \3,024
( 本体価格 \2,800 )
判  型 B5上製
刊 行 年 2000.07.25
ISBNコード 4-584-17080-0

Amazonで購入

20世紀最後の年に、米国立公文書館に保管されていた日本陸海軍
機の秘蔵コレクション400枚を一挙公開します。これまで断
片的に公開されたことはあっても、未公開写真を含む大量の写
真と資料が一冊に収録されたことは初めてで、日本軍用機の全
貌を知り、謎を解く貴重な資料的価値は計りしれません。米軍
が情報収集のために撮り続けた写真だけに、その鮮明さ、迫真
性は活目に値し、新機軸の写真集といえます。翼を白く塗った
零戦、TR-30ジェットエンジン、零戦に搭載した試作爆弾の
アップ、緑十字機に塗られた飛龍など航空ファンを唸らせる興
奮満載です。
■柴田 武彦。防衛研究所史料専門官。昭和31年生まれ。名城
大学法学部卒業。昭和53年防衛庁に事務官として入庁、以後
、航空自衛隊、防衛医科大学校、防衛大学校などの勤務を経て
現職。旧日本陸海軍に関連する様々な調査研究に対して助言・
協力を行っている。
■原 勝洋。昭和17年生まれ。法政大学法学部卒業。戦史研究
家として「暗号名ウルトラ?山本長官機撃墜す」など、論文多
数を発表。『高松宮日記』(中央公論社)の編集に関する調査
に従事した。


about us会社案内プライバシーポリシーお問い合わせ求人案内
copyrights