お酒好き、日本酒好きなら誰もが知りたい!地元の酒を熟知した唎き酒師がエリアごとにうまい酒を厳選!有名な銘柄からリーズナブルなものまで、各県の特徴とともに今飲むべき日本酒を『一個人』2月号よりご紹介!

■淡麗な味わいの日本酒が多い北海道。南部杜氏の影響が残る東北

 北海道や東北地方は、日本酒の銘醸地。 各県でも蔵元によって芳醇で濃厚な甘口のタイプから淡麗辛口まで、北国の味付けの濃い料理やじっくり楽しむものなど、多種多様な日本酒が揃う。

 北海道は、新鮮な魚介類と楽しめる淡麗な味わいの日本酒が多い。

 東北地方では、南部杜氏の影響が各地に残っており、例えば青森では、酒造りの好適米「華吹雪」「華想い」などを使った香りの華やかな酒も増えている。

 南部杜氏のルーツともいえる岩手では、伝統的な酒造りのほか、地元産の酒米を使った濃醇で旨味の強い酒が中心。宮城は、食事とのバランスを考えた淡麗辛口のモダンな味わいが主流。

 秋田は、透明感のある酒造りが盛んで、自然な甘口から洗練された旨口の日本酒が揃う。山形は、厳しい環境の中で品質を磨く個性的な酒蔵が多く、フルーティーで華やいだ吟醸酒が増えている。福島は新酒鑑評会などで入賞多数。評価が高い。伝統的にバランスの取れた美味い酒造りが盛んだ。