■「災」と「金」と「疲」と

 

 年の瀬になると発表される「今年の漢字」ですが、2018年は「災」が選ばれました。

 主催団体である日本漢字能力検定協会は、これについて以下のようにコメントしています。

 北海道・大阪・島根での地震、西日本豪雨、大型台風到来、記録的猛暑など、日本各地で起きた大規模な自然「災」害により、多くの人が被「災」した。自助共助による防「災」・減「災」意識も高まり、スーパーボランティアの活躍にも注目が集まった。新元号となる来年に向けて、多くの人が「災」害を忘れないと心に刻んだ年。
https://www.kanken.or.jp/kanji2018/common/data/release_kanji2018.pdf

 

 じつは「災」、2004年にも「今年の漢字」に選ばれています。
 日本漢字能力検定協会のサイトには、1995年以後の「今年の漢字」一覧も出ているものの、「災」よりも頻度の高い字となると、2000年、2012年、2016年に選ばれた「金」しかありません。

 どうも平成は、カネと災いが強く意識された時代のようですが・・・
 今年の漢字は「災」よりも、こちらのほうが良かったように思います。
 つまり「疲」。

 漢和辞典によると、「疲」は本来「しゃんと直立できず、ぐったりと曲がってしまう」さまを表した字で、そこから「くたびれる」「ぐったりする」という意味が生まれたのだそうです。
 しかるに「しゃんと直立できず、ぐったりと曲がってしまう」を、つねに物理的な状態として解釈する必要はありません。